足寄

鈴木宗男さんと松山千春さんの出身地、足寄に行ってきました。

寒い日でした。その寒さは、肌を突き刺すほど、痛みを伴いました。

夜、鈴木宗男さんと帯広市内の居酒屋で会う機会がありました。
28日に会う、と以前書いたのでその報告をしなけばなりません。

彼は自信満々でした。
何しろ、9月の総選挙で、44万票も獲得したのですから。
近著『闇権力の執行人』の中で、その醜態を暴露された外務省の松田邦紀ロシア課長や2億円の機密費を流用した杉山晋輔中東アフリカ局参事官らから、名誉毀損なり、何らかのアクションがありましたか?と聞いたところ、鈴木氏は、「何もありませんよ。すべて事実で、正直に書いたのですから。むしろ、向こうから何か言ってくることを待っているくらいですよ。もっと、暴露してあげますから」と胸を張っていました。

鈴木氏によると、これまで、鈴木氏批判的だったいわゆるリベラル派の人間が、最近、「宗男派」に鞍替えしてきたと言います。「『噂の真相』の岡留さんや、ジャーナリストの魚住昭さんや宮崎学さんらが、私の味方になってくれますよ」と言うのです。

やはり、勝てば官軍なんですね。

鈴木氏の出身地は、足寄の大誉地という所です。足寄の街中からまた離れた山奥です。彼の新党『大地』の名前は、松山千春さんが考えたそうですが、大と地の間に「誉」を入れると自分の出身地になる、と一人で悦に入ってました。

居酒屋の隣の座敷では、20代くらいの若い人が宴会をしていて、鈴木氏を見ると、大声で「宗男だ。宗男だ」と大はしゃぎで、一緒に携帯で写真撮影をしてもらうために群がってきました。

鈴木氏は「もう、自民党や民主党の時代じゃないよ。大地の時代だよ」と、若い人にアピールすることを忘れませんでした。

さすが、政治家だ、と感心してしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください