映画「有頂天ホテル」は不合格

音更町鈴蘭公園

三谷幸喜監督の映画「有頂天ホテル」見ました。

天才・三谷の話題作ということで、期待して見たのですが、感想は「残念賞」でした。

やはり、彼は舞台作家の域を全く出ていませんでした。

天は二物を与えずと言いますが、やはり、彼の才能は舞台止まりでした。映像は不合格です。

「有頂天ホテル」は、学芸会でした。舞台演技のわざとらしさばかり目立って、喜劇だというのに、全く笑えませんでした。むしろ、怒ってしまいました。例えば、川平慈英の演技。例えば、西田敏行。例えば、唐沢寿明。例えば、YOU。例えば、香取慎吾。非常に臭い芝居で、ワザとらしく、鳥肌が立つくらい白々しいのです。

これが、舞台なら、まだ許せるのですが、映像で、そんな演技をしてしまっては身もふたもありません。

唯一の救いは、例えば、松たか子の自然な演技です。主人公の役所行司も、芸達者だけに、ほんの少しだけ許せます。

戸田恵子は、半分の人は許せるかな、といった感じです。

これが、三谷君の限界でしょう。

喜劇で人を怒らせてしまっては、お仕舞いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください