森の哲人、危機一髪

このブログで何度でも紹介している森の哲人のおじじが、何と2度も生死の境目に遭ったそうです。昨日、送られてきた「森の子どもの村つうしん」3月15号で初めて知りました。

最初は、1月14日。あの帯広で懇話会を行った後の帰り。糠平温泉を過ぎた急カーブで、ワゴン車と接触する交通事故を起こしてしまった。無傷で済んだのは不幸中の幸いでした。先方の不注意のようですが、あと30センチずれていたら大事故で、あの世に行っていたかもしれない、とおじじは振り返ります。

2度目は、1月21日。仕事部屋にしている自分で建てた掘っ立て小屋と隣のおばばの工房が全焼してしまったそうです。偶然、早朝4時半に目覚めて、ストーブの火が移ったのか、部屋の隅が燃えているのに気がついたのです。音や匂いで目覚めたわけではなかったそうです。熟睡していて、あと、30分遅く目が覚めていたら「ゾッとする」とおじじは書いていました。
預金通帳はギリギリ持ち出したものの、おじじの大切な資料や住所録などはすべて燃えてしまったそうです。

「森の子どもの村つうしん」を読みたい方、おじじに励ましのお手紙を書きたい方は、以下まで問い合わせてください。

〒099-5613
北海道紋別郡滝上町滝西

℡&fax 015829-4153

郵便振替口座 02860-1-11123 ひまわり文庫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください