北海道旅行

 

失礼致しました。

 

皆さんには内緒で旅行に行ってました。上は、土方歳三最期の地と石川啄木像。

 

そうです。函館です。

 

楽しかったですね。

 

以下は私の備忘録ですから、特に読まなくてもいいです。単なるメモです。

 

 

 

 

 

3月18日(土)

 

帯広を午前10時40分、車で出発。日勝峠~千歳~支笏湖~洞爺湖~長万部を通り、国道5号線を南進して、函館市宇賀浦町の「シーサイドホテルかもめ」に到着。時刻は午後8時55分。実に10時間15分の長距離ドライブでした。途中給油2回。モダセルフだったので、リッター117円(帯広)の2290円とリッター113円(八雲町)の2140円。ホテルは1泊3250円で朝食800円。夜は、ギリギリ9時がラストオーダーだったホテルのレストランで、かもめ定食1300円。このホテルは、市中心から車で5分くらいだが、安くて良心的でした。二泊もする。

 

3月19日(日)

 

ホテルかもめ近くの「土方歳三・石川啄木 函館記念館」へ。時代も業績もジャンルも全く違う二人が、何で同じ建物の中で博物館になっているのか理解に苦しむが、展示内容は、まあまあの出来。噂では、土産物屋のご主人が二人の熱烈なファンで、ゆかりの品を集めたようです。ほとんど複製でしたが。歳三の愛刀「和泉守兼定」はすごかったですね。

 

この後、外人墓地へ。車を高龍寺に停めさせてもらうためにお伺いをたてたら「空いている所に置いて下さい」と言われ、感激して境内を散策。立派なお寺でした。函館戦争で戦死した兵士を弔った由緒あるお寺です。外人墓地では小吹雪が舞い散り、岬の突端に建っているような喫茶店「モーリス」に入る。ピロシキと紅茶セットが700円。竹内結子主演の映画「星に願いを。」が撮影された所らしく、熱心なファンが来ていました。

 

「モーリス」のマスターに言われるまま、緑の島の入り口に車を置いて、いわゆる元町の西部地区を徘徊。「函館市文学館」「旧イギリス領事館」「旧函館区公会堂」を見学。3館共通入館券が720円。文学館は、わずか函館に4ヶ月しか滞在しなかった啄木の史料が2階に展示。一階は、今東光・日出海兄弟、長谷川四兄弟(長男の海太郎は林不忘のペンネームで「丹下左膳」、四男四郎は「シベリア物語」で有名)、亀井勝一郎、久生十欄ら。「旧領事館」にはシャーロックホームズのような帽子が売っていたので、もう少しで買うところでした。「公会堂」は、大正天皇が皇太子時代にお泊りになったそうです。

 

この後、函館ハリストス正教会~函館聖ヨハネ教会~カトリック本町教会へ。ハリストス教会は4時までで入れず、カトリック教会は滑り込みセーフで見学できました。大三坂を降りた所に「北方歴史資料館」が午後6時まで開いていたので、見学。300円。函館の豪商・高田屋嘉兵衛の資料館でした。司馬遼太郎が「江戸時代で一番偉かった人物」として小説「菜の花の沖」で取り上げた人です。

 

夜も更け寒くなってきたので、赤レンガ倉庫群へ。暖房のきいたアーケード街になってました。

 

この後、ロープウエーで函館山へ。(往復割引1050円)。香港、ナポリと並ぶ「世界三大夜景」の1つということで、満喫しました。小雪がちらつき寒かったです。人が多いのには驚きました。

 

夜は、宝来町の高田屋嘉兵衛像の近くの「冨茂登」へ。北海道新聞の上田記者に紹介されて行ったのですが、長嶋さんとお上さんが一緒に写った写真もあり、かなり有名なお店らしい。おでんと北海ジャジャア、かに、酒…締めて4550円。

 

3月20日(月)

 

駅前の「函館朝市えきに市場」へ行く。上寿司1900円はちょっと高かったなあ。

 

この後、五稜郭へ。近くの北洋資料館(200円)へ行けば、2時間駐車料が無料だったので、行く。蟹やサケマスなどの北方漁の資料館でした。守衛のおじさんに気に入られてしまい、「船の体験ができます」と乗りたくもないのに揺れる部屋に連れていかれ、船酔いしてしまう。

 

五稜郭は散策しても単なる公園で雰囲気がつかめない。やはり、上から見るしかないと、五稜郭タワーへ。登るのに570円。このタワーは60mで、3月いっぱいで終了し、隣に90mのタワーが完成し、4月1日にオープンするとか。新タワーからだと、旧タワーから見えなかった五稜郭の5角形全体が見えるそうです。

 

この後、トラピスチヌ修道院へ。途中、湯の川の観光ホテル1階にある「らーめんブギ」にある「ずん・どう」で昼食。「80’sラーメン」が700円。ギョーザ400円。あっさり塩味。麺が細く、スープに蟹などが入っており、美味。お奨めです。

 

高校の修学旅行で行ったトラピスト修道院は男性で、トラピスチヌは女子修道院でした。荘厳な雰囲気で、是非一見の価値あり。クッキー450円。

 

函館を午後1時40分出発。

 

登別温泉「祝いの宿 登別グランドホテル」に午後6時55分到着。1泊12,000円。

 

料理が素晴らしい。

 

温泉は「食塩泉」「硫黄泉」「鉄泉」の3種類。体に効く感じ。

 

3月21日(火)

 

近くの地獄谷へ。台湾人の団体客にもまれる。

 

台湾人の真似をして変な中国語を話していたら、若い女性から「シャッターを押してくれませんか?」と頼まれる。

 

「何で日本人と分かったのですか?」と聞くと「そりゃあ、分かりますよ」と言われてしまった。

 

しかし、「おじさん、格好いいですね。俳優さんみたいですよ」と褒められてしまいました。

 

小生、無精髭を生やしていたのですが、『レオン』のジャン・レノみたい、と言われてしまいました。

 

喜んでいいのか…。

 

このあと、平取町二風谷の「アイヌ文化博物館」と「萱野茂 アイヌ資料館」へ。二館共通割引で700円。本当にここに行ってよかった。

 

イランカラプテ(こんにちは)

 

イヤイライケレー(ありがとう)

 

スイウヌカラマンロー(またあいましょう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください