帯広市長選

中札内村

驚きましたね。帯広市長選。全国紙に結果だけ載っていたのですが、結果は現職の砂川敏文市長=無現、自民推薦、公明支持=が、前・十勝毎日新聞社東京支社次長の目黒精一氏=無新、民主推薦、社民支持=と婦人団体役員の杉野智美氏=無新、共産推薦=を破って三選を果たしました。

砂川氏の獲得票は 3万3、317票(45・8%)

目黒氏は       3万2,316票(44・5%)

杉野氏は          6,503票(8・9%)

砂川氏と目黒氏の差はわずか1、001票だったのです!

大接戦だったのですね。砂川氏も薄氷の勝利どころではありません。紙一重でした。昨晩は全国13の市長選がありましたが、これほどの大接戦はありませんでした。

このブログも最近、帯広十勝の方も見てくださっているので、あまりいい加減なことは書けませんが、目黒氏陣営に鈴木宗男氏が肩入れしたのでしょうね。目黒氏は、十勝毎日新聞の出身ですから、「勝っても負けても大変」と勝毎の某幹部は嘆いていましたが、本当に大変だったでしょうね。もし、目黒氏が当選しようものなら「勝毎と目黒氏との不正関係を暴く」と公言する地元マスコミもいたぐらいですから、しばらくは熾火がくすぶり続けるでしょう。

それにしても都会と違って地方の場合、1票の重みが全然違います。私は、単なるディレッタントで、政治に関心がないタイプでしたが、久々に注目してしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください