辺見庸講演会

27日夜に竹橋の毎日ホールで行われる辺見庸氏の講演会が当たりました。
会費は千円ですが、抽選で400人しか入れないのです。恐らく沢山の応募があったことでしょう。
ラッキーでしたが、どうにか当たると思いました。応募葉書に自分の職業を書いたからです。
そこまでしても彼の講演を聴きたかったのです。

以前にも書きましたが、辺見氏はがんと脳梗塞の後遺症の二重苦に苛まれています。普通の人ではとても気力を振り絞ることさえできないでしょう。

同時代人として、ジャーナリストの先輩として、その姿だけでも垣間見たいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください