運動部OB会

 

昨晩、6年ぶり2度目の運動部OB会が、13階の「ラウンジ・ヒビヤ」でありました。

 

堀解説委員の音頭で、榊原前社長の挨拶で始まりました。榊原氏は昭和39年の東京五輪を取材した人物で、当時のスポーツの取材は、原稿を送るのに公衆電話を確保するのが大変で、ポケットに10円玉を一杯にしていた話などをしていました。

 

昭和46年頃に在籍していた友末忠徳氏も出席し、現在、茨城新聞社の社長兼主筆に出世されていることが分かり、驚いてしまいました。もう7年目だそうです。「地方の新聞は、やはり、共同と時事の両通信社が頼り。両社とも切磋琢磨して頑張ってほしい」と話していました。

 

「60年史」を編纂した元部長の中ノ森氏によると、同盟通信が敗戦後、GHQによって共同、時事に分割され、共同が一般ニュース、時事が経済実務、出版に棲み分けされたが、昭和24年に、組合情報だけでストのニュースを配信した共同に憤慨したGHQが、この「事件」をきっかけに時事にも一般ニュースの配信も認め、両社で競争させるようにしたというのです。全く初めて聞く話でした。

 

GHQの功罪については、今後、調べつくさなければなりません。

 

デスクだった室井氏は相変わらず口八丁手八丁で、現在「会長、会長」と呼ばれているらしい。もう74歳になったそうです。会長というのは、老人会の会長です。「平均年齢72歳の女性にモテモテよ」と室井氏は元気溌剌でした。

 

その一方で、室井氏と同い年の山田実さんは昨年亡くなっています。諸橋さんも脳梗塞を患ったという話で欠席しました。元部長の藤原紘さんも今年亡くなりました。このほか、高木さん、中井さん、小田牧人さんも…。最初に彼らに対して、20秒間の黙祷を捧げました。

 

TBSに行った西野君は83年入社で、4年間しか運動部にいなかったそうです。経済部を経て、TBSに移籍して11年目になったとか。

 

このほか、出席したのは、齋藤さん、浅野さん、岡林さん、安田さん、吉永君、滝川君、中澤君、三浦さん、田中賢君、八尋君ら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください