ああ、記憶力が…

幕別町札内

昨晩は、高校時代からの友人佐藤幸信君と有楽町のローズ&クラウンズで深酒して、どうやって帰ったか、全く記憶がないのです。物覚えもひどく悪くなり、人の名前もすぐ忘れてしまいます。

夏目漱石も亡くなったのは49歳でした。晩年の写真は70歳くらいにみえましたが、そんな若かったのですね。

面白い記事を読みました。

奈良時代の平均寿命は、30歳前後だったらしいのです。清少納言が老いを感じたのは、30代後半だったそうです。

明治初期では、男33歳、女35歳。

1950年でも男58歳、女61歳。

平均寿命が80歳以上になるのは、1980年以降なんだそうです。

昔は、乳幼児の死亡率が高く、戦争があったりしたので、平均寿命を下げていますが、奈良時代に60歳以上生きた人は5%くらいいたそうです。

これだけ若くして亡くなることが普通だったら、早熟にならざるをえない。人生の密度も濃くなるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください