米原万理さん

ロシア語の通訳で作家の米原万理さんが5月25日に卵巣がんで亡くなられました。ご冥福をお祈り申し上げます。

米原さんとは、もう10年ぐらい前に一度だけ会ったことがあります。もう名前は忘れてしまいましたが、ロシア人のピアニストのインタビューの際に通訳として立ち会ってくれたのです。

当時の米原さんは「不実な美女か貞淑な醜女か」で読売文学賞を受賞するなど、作家として有名で、バリバリと作品を発表していたので、その時、「まだ、通訳の仕事をしていたのか」と意外な感想を持ったことを覚えています。一言で言って、大変頭の切れる人でした。同時通訳をこなすので当たり前でしょうが、ピアニストとはまるで通訳なしで互いにしゃべっている感じでした。米原さんはほとんどメモも取らず、右から左へポンポンといった感じだったので、「只者ではない」という印象でした。

よく知られているように、父親の昶(いたる)氏が、共産党の代議士を務めた人で、その関係で、彼女は少女時代にプラハのソビエト学校で学んでいるので、根っからのバイリンガリストだったのです。

でも、通訳と同時に文才にも恵まれている人はそう多くありません。本当に惜しい才能を天が召してしまったものです。

インタビューが終わって、自分が彼女と同じ大学の後輩であることなどを話し、何人かの共通の知っている人を挙げて、あの人はどうした、こうしたといった噂話をした覚えがあります。その時の印象は全く偉ぶったところがなく、天真爛漫で、まるで少女のようでした。

2,3年前、すっかり痩せてしまった彼女が、テレビで闘病の話をしていましたが、こんなに早く亡くなるとは思いませんでした。まだ56歳。もう少し活躍してほしかったので本当に残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください