ロゴスとパトス

ある人から「あなたは活字の世界に踊らされているだけで、物事の本質については何一つ理解していない」と指摘されてしまいました。

その通りかもしれません。

しかし、人間はロゴスの世界で生きているので、どうしても、論理的な整合性や説得力がないと行動できないものです。

その人は、「もっとパトスの世界で生きるべきだ」と言いたかったのかもしれません。

理想的な世界ですね。

しかし、子供ならいざいざ知らず、毎日、食べて生きていかなければ大人は、我慢したり、妥協したり、自己保身に走ったり、信念を曲げたり、阿ったり、追従したり、諦めたりしなければなりません。

日本では8年連続、自殺者が3万人を突破しています。それだけ、タナトスの世界に引き寄せられてしまう陰湿な磁場が日本にあるのでしょう。

私は、否定も肯定もしません。

転んでも立ち上がって、無様に生きていくしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください