かんながら

日本古代神道に「かんながら」という思想があるそうです。

私は初めて聞きました。それだけ、信仰とは遠い世界で日々暮らしているからでしょう。

このままでは日本は、欧米列強(古い!)の思想風土、文化、信仰、武力に侵食されて、本来日本人が持っていた純真な和の心を失ってしまうという人がいます。

そんな話を聞くと、私は、いまだに、現代の日本は、「攘夷」派と「佐幕」派の呪縛から逃れていないような気がします。

女の子が他人の目を憚らず、電車の中で化粧をしたり、若者たちが歩きながらモノを食べたりするのは、「日本人を骨抜きにしよう」と巧妙に企んだGHQの政策が実を結んだ結果という人がいます。

GHQの「3S政策」は、ことに有名です。
3Sとは、Screen Sex  Sports です。

現在日本における、ハリウッド映画の隆盛と、ポルノ解禁と、ワールド・カップの熱狂ぶりと毛唐かぶれをみると、あながち、大袈裟な指摘ではない気がします。

振り子の針が極端な欧米化に振れると、国体堅持、国粋主義が大きく頭をもだけできます。

国策捜査によって、ロシア派の鈴木宗男氏と中国派の加藤紘一、田中真紀子氏らが政権の中枢から追放されたのは、その一つの例でしょう。

戦後60年も経つというのに、日本はいまだに「戦争責任」をはじめ、戦後処理がなされていません。

本当の恐さは、日々侵食されているのに気がつかないということです。
何の為に生きているか、自覚をしないで生きていることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください