世界で一番美味しいお酒

これでも飲酒歴30年になります。

若い頃は、お金がないので安酒ばかりで、目こそつぶれませんでしたが、翌朝の二日酔いはひどいものでした。頭痛が激しく、翌日は何もできず、仕事もずる休みしたものです。そうです。私は、二日酔いのおかげで、普通の人の半分しか生きていないのです。年は食っているのに若いはずです。

まあ、酔うために飲んでいたものですからね。

さて、やっと、この世とは思えぬうまい酒に出会うことができました。

それが、酒ではありません。焼酎なのです。しかし、とても、焼酎とは思えません。浄水のような、まろやかで、お酒のようにくどくなく、それでいて、ほろ酔い気分になれる。しかも、翌日はまったく持ち越さない。つまり、二日酔いがないのです。

百点満点で150点は付けられます。合格、大合格です。

その焼酎の名前は、皆さんだけにお教えしましょう。

宮崎の京屋酒造の「甕雫」です。

こんな旨い酒は今まで飲んだことがありません。

天保5年(1834年)創業。代々受け継がれてきた大甕で仕込まれ、外部より熱を加えない自然環境の中で発酵させているそうです。原料の甘藷、米などは有機栽培に拘っています。保存料等が入っていないのでで、開封後はなるべく早く飲まなければなりません。

京屋酒造は、宮崎県日南市油津2-3-2 です。

もちろん宣伝料をもらっているわけではありませんが、私が保証します。

でも、量が少ないので、手に入らないと思われます。

そのあたりは、私は保証しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください