ショック、ショック、大ショック

旧友が離婚していたことが今日、分かりました。しかも半年も前にでした。

ショック、ショック、大ショックです。

理由は3つあります。

第一に、こちらとしては、大親友だと思っていたのに、離婚する前にひと言も相談がなかったからです。しかも、お互い遠く離れて暮らしているにせよ、半年も気がつかなかったとは…。これじゃあ、まるで、スクープされた芸能マスコミが「○○日までに明らかになった」と屈辱的な原稿を書くようなものではありませんか。

第二に、彼は家族を、つまり奥さんと子供たちを非常に愛していたからです。奥さんに対しては、愛情の念に加えて、尊敬の念さえ持っていました。奥さんは、歌人でもあり、歌集を出版していました。子供たちも非常に優秀で、自慢の子供たちでした。

第三に、彼は、私に対して非常に同情的で、冷え切った夫婦関係が遠くから見えるのか「分かれるなんて馬鹿なことは考えないで、仲良くしてくださいよ」と私に諭していたからです。

何なんですか、これは?と言いたくなりますね。

例えが悪いのですが、道徳の先生が、盗撮行為で捕まったようなものです。

彼は昨年、大病して、奇跡的な生還を果たしてこの世の世界に復帰したばかりなのです。

完治したとはいえ、100%元の体に戻ったわけではありません。

奥さん、ちょっと、それはないのでは…と耳を疑ったのですが、彼は「子供の養育権は妻の方にある」と説明するぐらいですから、いわゆる煩雑な事務手続きは終了したことでしょう。

世の中、訳の分からないことばかりです。が、彼は、故郷での仕事をやめて、上京するつもりです。

この年で、まさに、ゼロからのスタートです。しかも、ハンディを多少抱えて…。

これから、できるだけ、彼の力になっていくつもりです。

“ショック、ショック、大ショック” への1件の返信

  1. さめとんぬ
    世話を掛けたくないと思ったのか。想像してもせんないことか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください