希望は絶望を打ち砕く

 ヴェニス

北海道を中心に活躍するゴスペルシンガーにkiki(キキ)さんという人がいます。本名は分かりませんが、(恐らく)30歳代の日本人女性です。

日本人離れした声量と音感の持ち主と言っていいでしょう。聴く人を必ず感動の渦に巻き込むだけではなく、聴く人に、自ら参加したい気持ちにさせます。その通り、彼女の仕事の一つが、一人の歌手としてでなく、100人から200人くらいの素人の人たちをワークショップで鍛え上げて、クワイアー(合唱団)として育て上げ、コンサートで一緒に歌を披露する活動もしています。「アメイジング・グレイス」「オー・ハッピーデイ」「ジョイ・トゥ・ザ・ワールド」などゴスペルでもスタンダードになった曲を200人くらいのクワイアーが斉唱すると、まさしく圧巻そのものです。

彼女がゴスペルに出会ったのも、紆余曲折の末、偶然に近いものがありました。若い時、というより、まだあどけない子供のときから、家庭の事情で、普通の子供とは違う道に踏み込んで、16歳の頃からもうすでに自活せざるを得ない状況になっていたようです。そんな苦悩の連続の中で知り合ったのがゴスペルなのです。何度か渡米して、本格的にヴォイスレッスンを受けて、ついに3年前にCDデビューも果たしました。

そこまでの道に辿り着くのにも大変なものがありました。特に重篤な病魔に襲われた時は、半ば、人生を諦めようかという境地に陥ったことがありました。そんな苦しみと闘っていた入院中に、ある人が見舞いに訪れて、こんな言葉をプレゼントしてくれたそうです。

「忍耐は錬れた品性をつくり、錬れた品性は希望をつくり、希望は絶望を打ち砕く」

聖書に出てくる言葉だそうです。Kikiさんは、この言葉を胸に、辛い境遇を克服して何とか持ちこたえてきたそうです。

もう一度書きます。

「忍耐は錬れた品性をつくり、錬れた品性は希望をつくり、希望は絶望を打ち砕く」

まさしく、言葉の持つ力ではないでしょうか。

“希望は絶望を打ち砕く” への1件の返信

  1. ゴスペル
    キキさんのクワイアに参加しました!!

     先日4曲歌った中に 「君は愛されるために生まれた」という曲がありました。

     歌う前 キキさんが会場の人達に問いかけました。

      「今、世の中で 毎日多くの人が自ら命をたっています。

     たった一つの尊い命 頭ではそう思っているはずです。

     でも 自分に対して本当にそう思っているだろうか?

     かけがえのない貴重な自分と 本当に思っているだろうか?」と。。。

     そして どれほど神に愛されているかけがえの無い存在であるかを 伝えようと。。。

       キキさんは 泣いていました。

    神という存在に愛されていると知る体験は とても人生の闇を通りくぐらなければ ある意味知り得ないかも知れません。

     

     

     シスター鈴木秀子さんが以前 自身の本の中でこう書いていました。

     生きることは 知ることと 愛すること。  

     

     キキさんに出会い この言葉が脳裏に浮かびました。

     知ること 愛すること。

     

     最近 身近な人が実は 本当に複雑な苦悩の人生を歩いてきた人が多く 人事とは思えず考えさせられるのです。

     

     知ること。とは??

      自分自身を知るため  自分とは?

      何の為に

      何をするために 生まれてきたか。

      自分って 何? 何故? 

      何が知りたくて 。。。

     そして その答えは どんなに偉い聖者でも カウンセ ラーでも セラピストでも 霊能者でも 

     答えは教えては くれない。

     

     自分の中にしかないもの。。

     自分で悩み 嘆き傷つき 歓び感じながら 自分を知っ

     て気づいていくしかないのだと 思うのです。

     

     キキさんは 

     音楽を通して 人々に伝えたいといいました。

     それは きっと音楽にキキさん自身救われたからでしょう。。。。

     

      音楽を愛している人は 音楽に愛される ふと そんなことを 思いました。

     

     私の大切な人も 音楽を心から 愛しています。

     宗教ではなく音楽の 信者といっていいでしょう。

     私も 最近 入会しました 今はタンバリン修業中。 

      本人は 気づいていないでしょうが

       彼がギターを 弾くと 調和的なエネルギーに場の空気が変わります。

     誰の為でもなく ただ自分自身を癒すために 音楽を味わっているときの 彼の発するエネルギーには 自然のような力があります。

     その力は 決して暴力的とか支配的という 力 ではなく 心地良く 包み込むもの そう 音楽と一体

     愛そのものになるのです。  

      愛は愛を 生み 繋がり 広がっていく。。。

     音楽には 凄いその力があるのですね

       人と等しく 自然と等しく 命と等しく

       音楽も 神様が創造して現れた 美なのかもしれま   せん

      そして 同時に 言葉 や あらゆる表現全てに 

     

     キキさんから ゴスペルの素晴らしさを学んだように

      彼からは 日々愛し合う本当の意味を学んでいます。

      

      彼を通し 新しい自分に 出会っていく。

      彼を通し 自分自身を歓びと知る。

      彼を通し 永遠を 知るのです。

     

      与えられているものに 人は気づく時

      どれほど 神に愛されているか

       知るのかもしれませんね。。。。。

     

       

       

        

      

     

     

     

     

      

     

     

     

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください