心配は天に預けて

トムラウシ山

大晦日だというのに、私のブログにアクセスして戴き、有難う御座います。「よっぽど暇なんですね」なんて憎まれ口は叩きません。私こそ暇なのですから。家族がいないので、一人で新年を迎えます。

最近、テレビをほとんど見ないので、世の中の動きについていくのに遅れがちです。フセイン元大統領の死刑執行も先程、新聞で知ったくらいですからね。

そういえば、最近の流行歌やタレントの名前がすっかり分からなくなってしまいました。コブクロとスキマスイッチとレミオロメンの違いが分かりません。エビちゃん、沢尻エリカ、長澤まさみ…最近、名前は聞きますが、動く姿は見たことがありません。つまり、よく知りません。

先日、気になる記事を見つけました。政権政党の自由民主党本部の収入は262億円。内訳は「税金」である政党交付金が157億円。「政治献金」である国民政治協会からの寄付金が28億円。借入金が30億円。この借金は「りそな銀行」が担っており、このりそなは、2003年5月に、破綻と認定されて公的資金2兆円が注入されたいわば「国立銀行」である。それなのに、りそなは自民党に無担保で融資しているとか。

要するに政治家は国民の「血税」によって支えられているのに、特権意識だけは一人前で、国民に奉仕しようとする精神に欠けていると思いませんか?

来年はどんな年になるのか。期待はなく、不安と心配でいっぱいです。

Xさんからアドバイスをもらいました。

「心配は天に預けてください。あなたは自分自身が思っている以上に守られています。ネガティブな思考は消してください。楽しいことだけを考えてください」

この言葉には随分勇気付けられましたので、貴方に送ります。

皆さん、よいお年を!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください