久しぶりの落語


上野の鈴本演芸場に久しぶりに行ってきました。
出演者は13人。4時間たっぷり聴いて、たったの2800円でしたから、今時、こんな安い娯楽もないでしょう。
テレビにはあまり出ない芸人で私も一人も知りませんでしたが、舞台で10年、20年、30年と鍛え上げられた芸達者な人ばかりで、感心してしまいました。本当は、単なるお笑いですから、頭で考えてはいけないんですけどね。

落語(金原亭伯楽ら)や漫才(ホームランほか)だけでなく、マジック(花島世津子)や都々逸(柳家紫文)もあり、バラエティーに富んでいました。
一番いいところで居眠りしてしまいましたが、ひさしぶりに浮き世の憂さを晴らすことができました。

今、落語がブームとやらで、雑誌も特集を組んだりしてます。私も早速、「サライ」を買ってしまいました。付録にCDも付いていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください