伊藤野枝、辻潤、大杉栄…ドラマ「風よあらしよ」

 国際労働機関(ILO)などが5年ごとに調査して公表している報告書「現代奴隷制の世界推計」というものがありますが、先日(9月12日)、マスコミ向けに発表され、2021年の時点で世界で5000万人が「現代奴隷」として生活していることが分かりました。

 この5000万人の内訳は、2800万人が強制労働を課せられ、2200万人が強制結婚の状態にあるといいます。前回2017年9月に発表された世界推計(2016年時点)と比べ、今回、現代奴隷の状態にある人が1000万人以上も増えたといいます。

 現代日本も例外ではなく、研修生、実習生の名目で途上国から来日した外国人を狭い部屋に押し込んで、奴隷のように長時間働かせている企業主がいて問題になっていることが度々、ニュースになっています。これも現代奴隷でしょう。

 古代日本では、奴隷は「奴婢」とか「生口」とか呼ばれ、大陸に献上されたりしましたが、現代21世紀になってもあまり変わらないということです。ロシアによるウクライナ侵攻のように、21世紀になっても戦争がなくならないのと一緒です。

 我々は一体、何が出来るでしょうか?

北海道 青い池 Copyright par Tamano Y

 さて、話はがらりと変わりますが、9月18日に最終回(第3回)を迎えるドラマ「風よあらしよ」(NHKBS)を面白く拝見しております。伊藤野枝が主人公で、村山由佳の同名小説を原作にしています。何しろ、日本史上でも桁違いな人物ばかり登場します。

 主役の伊藤野枝を演じるのは吉高由里子ですが、彼女の最初の夫がダダイストの辻潤(稲垣吾郎)、二人の間の子、辻まこと(後の詩人、画家)が赤ちゃんで登場します。伊藤野枝に影響を与えたのが「青鞜社」の平塚らいてう(松下奈緒)。そして、伊藤野枝が辻潤を棄てて出奔する相手が無政府主義者の大杉栄(永山瑛太)。ここで、大杉栄の妻堀保子(山田真歩)と東京日日新聞記者の神近市子(美波)との間で「四角関係」が生じ、有名な葉山の「日蔭茶屋事件」が起きます。

 第3回では、大杉栄と伊藤野枝、大杉の甥橘宗一少年の殺害現場に立ち合った甘粕正彦(音尾琢真)も登場するようで、まさに役者が揃った感じです。

 個人的には大杉栄と甘粕正彦との関係はさることながら、辻潤、辻まことに大変興味があります。辻潤はダダイストを自称したらしいのですが、まさに風来坊で、尺八を教えて生計をたてたりした奇人です。48歳ころから「俺は天狗だぞ」と言って、二階から飛び降りたりして、精神科病院に入院。放浪生活を繰り返し、最後は1944年、上落合のアパートで餓死していることが発見されます。行年60歳。

 辻潤の周囲の人たちは振り回され、迷惑を掛けられたことでしょう。私自身も辻潤に似た親友がいますから、気持ちはよく分かります。でも、歴史上、辻潤ほど自由、気ままに生きた男はいないことでしょう。後世の人間として、勇気をもらえた感じです。

 息子の辻まことは詩人、画家で知られ、私の学生時代にみすず書房から出た「辻まことの世界」がベストセラーになったことを覚えています。華麗な女性遍歴でも有名ですが、不勉強で、1975年に自死されていたことまでは知りませんでした。行年62歳。何しろ、辻潤と伊藤野枝の二人の血を引き、有り余るほとの才能があった人ですから惜しまれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。