亀戸天神の藤まつり

上野のぼたん宛で、亀戸天神の「藤まつり」のポスターがありました。ぼたん宛と同じ時期で、5月6日までです。これは、行くしかありませんね。ひどい陽射しで暑かったので、アメ横で帽子を買って、都バスで、行きました。池の端1丁目~亀戸天神前(約40分) 200円。途中、湯島、根津、谷中、根岸、浅草を通るちょっとした下町見学コースなので、この路線は最高ですよ。バス旅行が好きだった田中小実昌さんを思い出しました。

ポスターは、誰でしたっけ?歌川広重か誰かの有名な浮世絵と上のような写真が並列されていました。

もちろん、江戸時代は木橋ですが、江戸時代の情緒は、ほんの幽かに残っているのです。

藤まつりは、無料です。ただし、人の多さは半端ではありませんでした。

藤の花は、やはり、少し、盛りを過ぎていました。4月下旬が見ごろなのでしょう。

藤の花を見て、花札を思い出してしまいました。

地元の伝統保存会が邦楽を演奏していました。

やはり、初めて亀戸天神も訪れました。こんな機会がないと行かないと思います。

行ってよかったと思います。

“亀戸天神の藤まつり” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください