中国格差社会

 

中国という国は、社会主義というのは名ばかりで、国民は平等どころか、日本以上の「格差社会」であることが、今、朝日新聞で連載中の「奔流 中国21」で分かります。

 

人口は12億人とも13億人とも言われますが、その人口の2割が8割の富を独占しているそうです。最下層に「農民工」と呼ばれる農村出身の出稼ぎ労働者で、その数は2億人と言われています。目下、中国は来年開催の北京五輪のための建設ラッシュで、彼らはこういう建築現場に駆り立てられます。午前6時から午後7時半まで、休みなしで働いて月収はわずか900元(約1万4400円)だというから驚きです。彼らの多くは教育を受けていないので、自分の名前すら漢字で書けない人も多いというのです。

 

その一方で、1989年に資金8000元(約13万円)で株式投資を始めて、現在、運用する中国株の時価総額が10億元(約160億円)を超え、株の神様と呼ばれる林園さん(44)という人も登場していました。

 

ところで、フランスのサルコジ大統領の月給は6000ユーロ(約100万円)だそうです。激務のわりには意外と少ないんですね。それが、家賃が週3万ドル(約360万円)の邸宅(米国ニューハンプシャー州。8部屋2000平方メートル。泡風呂、映画館付)を借りて、バカンスを楽しんでいるというので、「なぜ、そんなぜいたくができのか?」と批判にさらされているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください