「あなたは絶対!運がいい」

友人から「おまえは、裏のない人間だ」と言われたことがあります。包み隠さず、己をさらけ出す性分だからでしょう。

親友からは「彼は、裏の裏もない人間だ」と言われたことがあります。裏の裏は表なので、表も裏もない人間という意味なのかもしれません。

そんな人間である私が正直に告白すると、友人関係でまた滅入ってます。身から出た錆なのですが、本当に自分自身が嫌になります。

そういう時、浅見帆帆子さんが24歳の時に書いた「あなたは絶対!運がいい」(グラフ社)は本当に、砂漠で出会ったオアシスのように身に染みます。

そこには、こんなことが書かれています。

精神のレベルを上げるには、自分の本音に基づいた行動することに限ります。例えば…

●考えても解決しそうにない時は、考えなくてもよい。

●「いやだなあ」と思う人とは無理して会う必要はない。

●自分が不安になるようなことは考えない。

●「なんだかこうしたい」と思うことは行動に移す。

●人間の「心」はプラスのパワーでいっぱいにしておくと、嫌なことは排除して、嬉しいことだけを引き寄せてくれる。

●自分の好きなことをやらなければ成功しない。

●自分の人生の中で起こることは、どんなことでも全部自分が作り出しているか、招き寄せていること。偶然というものはない。

●「絶対にうまくいく」と信じること!

この伝でいくと、友人は、私のことをひどく嫌っているので、「無理して会うことはない」。こういうことが起きたのは、彼のせいではなく、「全部自分が作り出したこと」なので、「自分の好きなことをやる」しかないということが分かったのです。

この本を読むように薦めてくれたのは、帯広の平田さんですが、24歳に救われました。

ブックサービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください