結婚とは…

 

 

 

結婚とは、一組の男女が、一時の熱情にかりたてられて一緒になり、ともに狭い部屋に棲むことである。

と作家の渡辺淳一氏は言います。(出典は省略します)

狭い部屋に一緒に棲むからさまざまなトラブルが生じるのだと言います。

恋人時代や婚約時代にはお互いに見えなかった欠点が一緒に棲むようになると見え、お互いに嫌になるというのです。

「結婚は7年制にして、その都度更新したらいい」と発言したドイツの女性政治家もいました。

私は、コメントを避けます。福田首相みたいでしょう?

“結婚とは…” への1件の返信

  1. 渡辺淳一氏らしい
    なんのロマンティシズムもないところが。
    氏の性行動に対する熱心な探求心にはいささか打たれるところもなくはないが、そのあまりの陋劣な表現には辟易です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください