超高級中国料理「厲家菜」潜入記

昨日は、とてつもなく高いランチを食べてしまいました。もちろん、あんな高いランチを食べたのは生まれて初めてで、恐らく、空前絶後。この先、もう二度と味わうことはないと思っています。

お店は東京・六本木ヒルズ構内にある「厲家菜(れいかさい)」。知る人ぞ知る北京に本店がある超高級中国料理です。

厲家とは、清朝末期のあの独裁者・西太后の高級官僚で宮内府大臣も務めた家柄で、西太后の日常の食事を管理する責任者だったそうです。

西太后の美食家ぶりはつとに知られ、彼女の専用コックが128人もおり、常に一食150種類の料理が並べられていたということです。

もうこれだけで、この料理店がすごい所かお分かり頂けたかと思います。

かのミシュランでも、中華では最高の二つ星を獲得しています。

元会社の同僚で、今も違う仕事面でつながりのある友人M君に誘われてノコノコ出かけていったので、私は最初、値段を気にしないで食べていたのですが、開けてビックリ玉手箱でした。

「翡翠豆腐」「北京燻肉」「炒咸漢食」など見たことも聞いたこともない高級中華料理が並びました。肝腎のお味は…やはり、驚くほど美味で、食材が全く違うといった感じでした。

二人でシャンパンを二杯ずつ飲んだので、コースと合わせて請求された額は…。

ま、ご想像にお任せ致しますが、まあ、私が普段食べるランチの1ヶ月分くらいありました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください