毒入りギョーザ事件に関する私の見解

 

恐らく今年一番のニュースになるであろう中国製冷凍ギョーザ事件に関しては、色々言いたいことがあったのですが、原因や問題の在り処が分からず、差し控えてきました。

しかし、日本では流通していないメタミドホスやベンゼンなどが検出されたということは、どうしても中国国内で混入されたとしか考えられず、しかも、うっかりとした事故ではなく好意で混入させた事件の要素の方が強くなってきたので、一言言わなければならなくなりました。

 

中国では相変わらず報道管制が引かれているらしく、庶民に真実が伝わっていないようですね。だからネットで「小鬼子(日本人に対する蔑称)の新たな奸計に要注意だ」だの「日本は中国市場に依存している。中国人を安い人件費でこきつかっている」といった「本音」が乱立しているのです。

 

しかし、冷静に考えて、こんなことをして誰が得をするんですかね?中国国家品質監督検査検疫総局の魏伝忠副総局長が「中日関係の発展を望まない極端な分子によって引き起こされた可能性がある」と、初めて故意の犯行との見方を当局者として認めました。

 

「極端な分子」が誰であるのか、同総局の王大寧輸出入食品安全局長は「日本側かもしれないし、中国側かもしれない」と、この期に及んでも言い逃れしていますが、日本人として、今後の捜査の結果を注意深く見守りましょう。

 

一連の流れを見ていて、中国人という民族は、たとえ濡れ衣であっても「謝罪」しないですねえ。謝れば、莫大な損害賠償を抱えるという恐怖感に裏づけされているからでしょうか。まるで、欧米人です。

 

その点、日本人はすぐ謝りますね。何度、頭を垂れた日本人を大企業の社長さんから、高級官僚、スポーツ選手に至るまで見てきたことか。「謝罪文化」を理解できないモンゴル人にまで謝罪を強制したじゃありませんか。

 

しかし、私は、はっきり書きます。今回の事件で中国側の態度はあまりにも大胆というか横暴なのではないでしょうか。我々日本人は「李下に冠を正さず」という中国の諺を尊敬の念を持って学び、実践してきました。我々が愛する中国人はどこに行ってしまったのでしょうか。今の中国は極端な拝金主義と風通しの悪い官僚主義が蔓延っているだけではないでしょうか。

 

とはいえ、今回の事件で、日本人は様々なことを考えさせられました。食の安全についてです。一番大切なことを他人任せにしていいのでしょうか?「どうせ、小鬼子が食うのだから、毒が入ってもいい」と、愛する優秀な中国の人たちは考えないと思いますが、疑ったらキリがありません。現在の食料自給率はわずか39%で、先進国最低。諸外国から5兆3000億円もの食糧を輸入し、中国からはその17%を占めるそうです。

 

こんなんじゃなかったんですよ、日本は。1965年の食料自給率は何と73%もあったのです!誰がこんなことをしてしまったのでしょうか?政治が悪い、資本家が悪いなんて言っても始まらないでしょう。

どげんせんといかん。

今すぐに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください