中国が毒入りギョーザ事件を謝罪しない理由

公開日時: 2008年4月9日 @ 12:09

中国ウオッチャーから実に興味深い面白い話を聞きました。

最近の中国は、毒入りギョーザを輸出しても謝らないし、チベットを弾圧しているし、コンピューターで不正アクセスして日本の個人情報を盗み出すし、本当に碌な国ではない、と日本人の多くは思っていることでしょう。極悪非道そのものです。

すると、中国ウオッチャーの彼はこう言うのです。

それは、ぬるま湯に漬かった日本人の感覚で、ひどい国だと思っているかもしれないが、中国ではそういうことをしないと生きていけないのです。生存競争に勝ち抜いていけないのです。確かに中国は近代化されたとはいえ、実質は、まだ群雄割拠の戦国時代、つまり三国志のような時代が続いているのです。

だから、自己保存のために、平気で嘘をつくし、裏切りもするし、密告もする。相手に弱みを決して見せられない。対日強硬発言も、日本に対してどうのこうのと思っているわけではない。むしろ、日本人などどうでもいいと思っている。むしろ、国内向けのメッセージであり、政治的プロパガンダでもあるのです。そうしないと、後ろからバッサリと切られる怖れがあるからです。いつ寝首をかかれるか分からないのです。

だから、良い悪いの話でもなく、正しい、間違っているというという話でもない。今の日本人など想像が全くつかない競争にさらされ、トップにいる人間でもいつ足を引っ張られるか分からない。チベットの独立を認めれば、あちこちで独立運動が起き、中華人民共和国が崩壊する。中国はソ連の崩壊を深く研究し、轍を踏まないようにしているのです。

そうなのです。私のように平気で嘘をつかれて、裏切られてワーワー騒いでいるようなヤワでは生きていけないのですね。日本人に生まれて本当によかったです。

2 Replies to “中国が毒入りギョーザ事件を謝罪しない理由”

  1. インド象さま
    「千日前デパート火災」はご存知なかったんですか?それでしたら、戦前の「白木屋デパート火災」事件もご存知ないでしょうね。歴史的転換になりました。
    白木屋は、「しらきや」居酒屋チェーンではありません。「しろきや」です。三越より繁盛した江戸初期から続く歴史のある百貨店でした。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E6%9C%A8%E5%B1%8B_(%E3%83%87%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88)

  2. 緊急情報
    『新潮45』最新号によりますと、日本の捜査
    当局はかなりの線まで、事件の概要はつかんで
    いるそうです。

    ただし、日中間のダークゾーンに及ぶこの事件
    の真相が、隅から隅まで解明することは難しい
    かもしれません。

    1月28日のJT株価が突如、前取引日から5万円急落して、56万2千円まで下がる不可解な動きに、深い意味がありそうです。

    それはそうと歴史上の事件として「千日前デパート火
    災」は知っていたのですが、亡くなった皆さんはてっ
    きりデパートの従業員かと思っていたのですが、そう
    ではなかったんですね・・・

    この雑誌の同号により、それを知りました。

ご意見、ご感想をお聞かせください!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください