「10年連続3万人」を考える

  警察庁の発表http://www.npa.go.jp/toukei/index.htmによると、昨年1年間の全国の自殺者は、前年比2・9%増の3万3093人で、10年連続3万人を超えました。

10年間で30万人。沖縄県の那覇市ほどの住民全員がいなくなってしまった計算になります。

交通事故死は、年間1万人くらいかと思っていたのですが、年々減少傾向にあり、一昨年の平成18年で、6352人http://www.npa.go.jp/toukei/koutuu1/shisha.htmにまで、減っていたのですね。

以上、統計の数字は、ネットで簡単に検索できるようになりました。最近、ネットの掲示板に「殺人予告」するような唐変木が増えてきましたが、これまで、一部の関係者にしか公開されていなかった資料が簡単に手に入るようになったことは、ネットのいい点 upside です。

自殺者統計は、今年からその原因・動機まで、かなり詳しく公表されることになりました。

やはり、健康問題を抱えての自殺(14、684人)が一番多く、そのうち、鬱病が原因が最多(6060人)だったということが分かりました。性別では、男性が2 3 , 4 7 8 人で全体の7 0・. 9 % 。男は弱いんですね。

新聞では、働き盛りの30歳代が過去最多になったということで、大きな活字で見出しになっていましたが、年齢別では、やはり、6 0 歳以上が一番多くて(12、107 人)で全体の3 6・. 6 % 。次いで5 0 歳代(7046人)、4 0 歳代(5096人)、3 0 歳代( 4767 人) の順となっていました。

年間3万人が自殺しているということは、毎日80人以上の人が早まったことをしていることになります。

正直、私自身、若い頃から自殺については何度も考えたことがありますし、それも1つの方便だと考えたこともありますが、今では、どんな苦難に遭っても自殺はしないことを心に決めています。

人間は非常にか弱い動物です。死ぬことは驚くほど簡単にできます。

しかし、何もしなくても、ただ生きているだけで、時間は瞬く間に過ぎて、自死を選ばなくても、死はやってくるのです。

自殺する人の多くは鬱病に罹って、正常な判断ができなくなったことが要因の一つだということが今回分かりました。

今逆境にいる人にとって、その状態が長いトンネルかもしれませんが、事態は必ずに変化しますし、今の境遇が未来永劫続くわけがないということを肝に銘じなければなりません。

秋葉原で無差別殺人を犯した容疑者も閉塞感を感じて将来に夢も希望も持てずに犯行に走ったのでしょう。しかし、どんなことがあっても、人間、夢と希望を持たなければ生きていけません。犯人は「夢のあるやつには、俺の気持ちは分かるまい」とネットに書き込んだそうですが、それでも、若者なら大志を抱くべきです。人生を悟るにはまだ早すぎます。

 

私自身は、教育者でも、コメンテーターでも、官僚でもないので、いい知恵が浮かばないのですが、日本のような恵まれた国で、10年連続3万人もの自殺者を輩出する社会は異常としか言いようがありません。

 

自殺は自分に対する殺人にほかありません。もう少し、自分自身を客観的に見るなり、自分を解放したりして、いい意味で日々のストレスを発散するのもひとつの回避法かもしれません。

あまり、いい言葉が見つかりませんが、今、自殺を考えている人は、もう少し、留まったら違った道が開けることを信じてほしいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください