日大は学校法人と言えるのか?

日本大学アメリカンフットボール部による反則行為が大スキャンダルになり、内田正人監督が辞任せざるを得なくなり、加害者選手が記者会見して、「監督コーチからの指示があった」と明らかにしても、昨日はとうとう、内田前監督も井上奨コーチ(この方、一見ヤクザ映画に出てきそう)も、最後まで自分たちの非を認めませんでした。

どうしてなんでしょうかね?

新聞やテレビの報道では全く意味が分からなかったのですが、本日発売の「週刊文春」を読んで、初めて事の真相が分かった次第。

かなり根が深かったんですね。単なるアマチュアの大学スポーツの問題ではなかったのです。もっともっと根が深い。なぜ、あそこまで、日本大学という組織が虚勢を張り、組織ぐるみで自己防衛を図り、弱者を切り捨て、「御本尊護持」のため、ただただ勝つためだけに、選手に反則させたり、卑劣な手段まで使わせたりしたのか。

そんな暴力体質の日大は、裏社会に通じた暴力組織と変わらないと冗談で思っていたら、冗談じゃなかったんですね。週刊文春は、日大の田中英寿理事長と広域暴力団山口組六代目司組長や住吉会の福田組長(当時)とのツーショット写真などを掲載して、暴力団との「付き合い」を示唆していたので、吃驚大仰天ですよ。

金沢城 Copyright par Sahya

この田中理事長とは、どういう人物なのかと思ったら、日大相撲部出身で、同監督・日大職員から次々と出世階段を上って、ライバルを蹴落として、ついに大学の最高権力者にまで登り詰めた人らしいのです。

週刊文春は粘着質ですから、微に入り細に入り、ネチネチと獲物を追いかけて、相手が観念するまでつきまといます。ヤワな新聞社やテレビ記者にはとてもできない芸当です(笑)。田中理事長が唯一頭が上がらない夫人優子さんは、元演歌歌手で東京・阿佐ヶ谷の駅近くで「ちゃんこ料理 たなか」を経営しています。

日大関係者によると、本来なら学校法人の最高意思決定機関は理事会なのに、日大では、この「ちゃんこ屋」での会議が重要事項の決定に左右するというのです。

びっくり、魂消たですよ。

内田前監督は、保健体育事務局長、人事部長も兼務して昨年、大学の事実上のナンバー2の常務理事に就任し、まさに、カネと人事を思いのままにできる絶大な権力を握ったそうです。気に入らない人間は、飛ばしたり、内田氏に逆らう他のスポーツ部は、予算を削ったりしたようです。

田中理事長は、大学内に利権構造をつくり、再来年にも内田常務理事に理事長職を譲って自らは院政を敷くつもりだったらしいのです。

ちゃんこ屋会議といい、利権づくりといい、まさに公私混同が甚だしいですね。(このほか、驚いたことは、本人は否定していますが、強面の井上コーチがゲイビデオに出演していたとか、被害者の関学アメフト選手の父親が、大阪維新の会所属の市会議員だったという話。たまげましたねえ)

金沢城 Copyright par Sahya

日大は、日本最大の7万人もの学生を擁するマンモス大学で、学校法人として92億6000万円もの補助金を受けているそうです。

もちろん、補助金といっても、原資は国民の血税です。ですから、この1カ月間近く、上から下まで大騒ぎしていましたが、結果的には国民として、誰でもこの問題について、とやかく言う権利があったわけですね。

大学を私物化した田中理事長や内田常任理事(とその取り巻き連中)らにとって、日大は勝つことだけが、御本尊護持のための絶対必要条件だったわけです。勝利のために反則しようが、暴力を使おうが構わないという日大の体質を見ると、教育機関というより、教育の名を借りた暴力集団。そして、利権の温床をつくったりしていますから、利潤のみを追ったハゲタカファンドのような営利至上主義のブラック企業にも見えてきます。

こんなんでは、大学と呼べないのではないでしょうか?

助成金をもらうなんておこがましい。

日大の前身日本法律学校を創設した長州藩士山田彰義も草葉の陰で泣いているのではないでしょうか。おっと、そう言えば、今年は私の嫌いな明治維新150年でしたね。

ご意見、ご感想をお聞かせください!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.