IOCは米テレビ局のエージェントなのでは?

昨日、「真夏の東京五輪開催はおかしい」と書いたところ、早速、「Rei 7G」さんらからコメントを頂き、大いに反響を得たものと自負しております(笑)。

そしたら、ちょうど昨日は国際オリンピック委員会(IOC)の特権階級連中が、スイスのローザンヌ本部で理事会を開いて、2020東京五輪の競技日程などを協議して、「陸上の男子50キロ競歩は午前6時、男女マラソンも午前7時の早朝スタートにするなど暑さ対策に配慮したスケジュールに」(7月19日付読売新聞朝刊1面)したとか。

朝6時??? おいおい、ラジオ体操かよ!と思わず突っ込みたくなりました。日本開催なんですよ?間違っていませんか?

何と言っても「配慮した」という文句が気に喰わないですねえ。新聞もテレビもIOCとグルですからね。「勇気」「感動」「友情」「誇り」「威信」…何でもいいんですが、そんな「美名」の下、本質を隠して、どこもオリンピックを批判しないのです。

そもそも、こんな早朝に競技をスタートするのは、アメリカのゴールデンタイムに合わせたい米テレビ局の差し金、意向なんですからね。IOC貴族は、単なる米テレビ局の代理人に過ぎないのです。どれくらいの裏金が動いているのでしょうか?(春と秋の一番いい季節は、プロスポーツのシーズンだということで、五輪日程を真夏にしたこと事態が、最初から間違ってます)

昨日は岐阜県多治見市で、5年ぶりに日本列島で気温40度を超えたそうですから、2年後の東京の夏は、朝6時だろうが、7時だろうが、猛暑は間違いなしです。それでいて、米テレビ局の代理人とグルの日本のマスコミは、やれ「熱中症に気をつけろ」だの、「水を飲め」だの、「日陰で休憩しろ」だのと、うるさい題目を何度も繰り返すだけです。

本質や実情を隠蔽しているのです。

北浦和「ちっきん」 安い、千ベロ焼き鳥居酒屋でした。

◇「国分寺・小金井界隈」

もう一つ、7月1日に書いた「蔽之館~陸軍中野学校跡巡り」に、私も存じ上げない Kokubunji さんという方からコメント頂きました。有難う御座いました。御礼申し上げます。

この方、よく見ると、「国分寺・小金井界隈」というタイトルで、国分寺・小金井界隈で、いまはもう見られない風景などを少しずつ紹介しておられます。なかなか、年季の入ったブログですので、是非、ご覧ください。

コメントのKokubunji をクリックすると出てきますが、この「本文」でもリンクを貼っておきます。

http://kokubunji-koganei.blogspot.com/ ←「国分寺・小金井界隈」

「陸軍北多摩通信所」まで出てきますね。しっかり、足で歩いて取材されてます。ブラボー!

ご意見、ご感想をお聞かせください!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください