国際化

私が卒業した大学の会報に素晴らしい文章が載っていたので、少しだけ引用させて戴こうと思います。(もちろん丸写しはしません)
久しぶりに「知的興奮」を味わいました。

二人の講演録です。一人は、ロシア語通訳・翻訳家の米原万理氏。
日本語の「国際的」は英訳すると、international 。しかし、「国際化」は英語で、 internationalization とは言わないそうです。Internationalization とは正確に「国際共同統治を構築する」という意味だとか。

それでは、「国際化」に相当する英語は何と言うでしょうか?それは、globalization です。しかし、日本語の「国際化」とは意味が正反対なのです。日本語の「国際化」は、外国の風習や慣習に理解を示して「寄り添っていく」ようなニュアンスがありますが、globalization は、「自分たちの基準で世界と地球を覆う」という意味で使っているそうなんです。まるで、「植民地化」と同義語ではありませんか。そもそも英語には日本語の「国際化」という概念がないということです。例えば、「過労死」がないので、そのまま karoshi と、音訳で英語にしたように。
これで、グローバリズムの正体が分かった気がしました。自分たちの価値観を押し付けるということなんですね。19世紀の帝国主義が途切れずに続いているということでしょう。

もう一人の講演録は、国際基督教大学大学院教授の村上陽一郎氏です。
米原氏のglobalization を受けて、この言葉は、歴史の世界ではウイッグ史観というふうに言い、つまり、近代というものを絶対的なものだと考えて、様々な世界に向かって押し広げようとすることなんだそうです。例えば、パプアニューギニアは文明的に遅れている「発展途上国」だから、近代化しなければならない、といった理論です。パプアニューギニアの人にとっては、今の伝統的な生活が乱されるし、余計なお世話ではないでしょうか。そんなことは構うことはないのでしょうね。

それにしても、「善の押し売り」とも言えます。一点の曇りもない正義感、使命感に駆られているから始末に終えません。不滅です。

我々はどこへ行くのか?

画家ゴーギャン(1848-1903)に不朽の名作『我々はどこから来たか?我々とは何か?我々はどこへ行くのか?』(1897)があります。
私も青年時代から、このゴーギャンと全く同じアポリア(難問)に苛まれ続けてきました。

ところがつい最近読んだ津留晃一さんという人が書いた『津留さんが、心から伝えたかったこと』(英光舎)の中にこんなことが書かれていました。

「将来の自分がどうなるか、将来を見続け、将来を予想すればするほど、それが『今の自分』であることが分かる。過去の自分がどんな人間だったのか、過去を振り返れば振り返るほど、過去の自分とは『今の自分』だったことに気が付く」

これは彼の正確な言葉ではなく、自分なりに体内に取り込んで咀嚼したものなので、もしかしたら私の誤読かもしれません。いずれにせよ、この言葉は、長年悩まされ続けてきたアポリアの糸口を見つけた感じがしました。

そう、過去も未来もないのです。あるのは今しかないのです。過去も未来も今の自分を反映した幻にすぎないのです。アインシュタインの相対性理論だったか、おぼろげな記憶なので、確かではないのですが、望遠鏡で宇宙の遼か彼方を眺めて、眺め尽くすと、望遠鏡を眺めている自分の頭の後ろが見えてくるそうです。津留さんの本を読んで、この逸話を思い出しました。

終わった過去を悔やんでもしょうがないのです。

また、将来を不安に思うこともないのです。

今にしか回答がないのです。

Podcastingが流行

今、Podcasting(ポッドキャスティング)という「インターネットラジオ」が欧米で爆発的に流行しているそうです。

Podcasingというのは、アップルコンピューターの携帯型デジタル音楽プレーヤーの「iPod」と放送の「Broadcasting」を合わせた造語。つまり、乱暴に言えば、ブログのように個人発信できるラジオのことだそうです。音楽再生機もCDで止まってしまっている私としては、実物を見たことも聞いたこともありませんが、何やらすごい時代になったという想像力は働きます。米国の調査会社の予測によると、2010年までに、全米で1230万世帯がこのPodcastingを利用するそうです。

「文章・画像」の次は「音」、そうなれば、同時進行で「映像・音声」もできることになります。要するに「インターネットテレビ」というか、個人発信テレビです。

そうなると、既存のメディアはどうなるのでしょうか。もちろん、胡坐をかいているわけにはいかないでしょうが、私の予想では、なくなることはないと思います。今、見たいテレビ番組はほとんどないのですが、個人発信テレビとなると、もっと見たくないでしょう。只管、「孫の成長」を記録していたり、「かわいいペット」の「芸」を見せられたりすることでしょうが、本人(個人)が真剣になればなるほど、それ以外の人は「引いてしまう」と思うのです。

皆さんのご意見は如何でしょうか。

野人

今日は仕事をさぼって、鹿追町まで野人を見に行きました。

野人は目も留まらぬ速さで、タランボを採ったり、露天風呂に入ったりしました。

「野人」といっても、皆さん、誰も信じないでしょう。
ですから、写真を撮っておけばよかった、と後悔しました。

紫竹ガーデン

今日は北海道帯広市にある紫竹ガーデンに行ってきました。

チューリップが満開でした。

何と220種類のチューリップが160万株もあるそうです。壮大、絶景、唖然です。

帰り道、牛さんがいました。とても好奇心が強く、向こうから近寄ってきました。

ロバさんの方はとても臆病者で、逃げてばかりいました。
最近、本を読まなくなりました。本を捨てて田舎に出て、動物とお花と会話しています。

平成グラフィティ

某所で落書きを見つけました。示唆に富んでいたのでしたが、ちらっと横目で眺めただけなので、大半は忘れました。そこで、私の創作を交えて茲にご披露致します。

高いようで低いのは、あなたの教養
低いようで高いのは、あなたの気位

広いようで狭いのは、あなたの度量
狭いようで広いのは、あなたの誤信

大きいようで小さいのは、あなたの度胸
小さいようで大きいのは、あなたの羞恥心

深いようで浅いのは、あなたの思慮
浅いようで深いのは、あなたの後悔

もう1つ

強いようで弱いのは、男心
弱いようで強いのは、女心

反論お待ちしてます。

ここではない何処か

その人は言いました。

今、ここではない何処かを夢想しても、詮方ないことです。
あなたがここにいるのは、ここにいる必要性があっているわけですから。
仕事にしても遊びにしても同じです。
ここではない他の何処かを夢想しても、詮方ありません。
あなたがここにいるのは、ここにいる必然性があったからです。
偶然ではありません。
偶然はありません。
結局、あなたは選んでここにいるわけですから。

同じように、自分ではない他の誰かを夢想しても、詮方ないことです。
あなたが、あなたでいるのは、他の誰かと替えがたいからであって、まさしくかけがえがないのです。
あなたがあなたでいる必然性があるのです。
あなたがあなたである必然性があるのです。

進歩しなくても、努力しなくてもいいのです。
別に堕落しなくてもいいのです。
あるがままでいいのです。
今のあるがままのあなたで完璧なのです。
そうすれば、「志半ばで…」といった中途半端な事態は起きないのです。
今のままでよければ、他に何も怖いものはありません。
すべてを受け入れ、受け止める。
すべてを与え、分かち合う。
日々、そういう気持ちで生きていけば、いいのです。
それでいいのです。

流鏑馬

今日は、あの剣山どさんこ牧場へ「流鏑馬」を見に行きました。

みんな鎌倉の武士のような装束で、老若男女も凛々しい若武者に変身。お馬さんも砂埃をあげて、100mを全力疾走していました。

昼休みには居合い抜きのデモンストレーションをやっていました。外人観光客も初めて見る日本刀にちびっていました。

エゾヤマザクラも満開でした。

これではまるで小学生の絵日記ですね。そういえば、知らない幼稚園児くらいのかわいい男の子が「おじさん」「おじさん」と言って懐いてきました。100万匹くらいいるおたまじゃくしを見たり、犬と遊んだり、ブランコに乗ったりしました。

帯広畜産大学訪問記


帯広畜産大学のキャンパスには牧場と農場があります。広大です。キャンパスの奥には小川が流れ、川岸で「こごみ」を見つけました。

家に帰って、酢味噌和えにして食べました。生まれて初めて食べました。動物にしろ植物にしろ最初に食べた人はえらい!!見た目には「ぜんまい」に似ていますが、味は「フキノトウ」の「エグイ」所を取った感じです。春の味がしました。本州はもうとっくに初夏でしょうが、北海道はやっと春満開です。


空はいわゆる十勝晴れです。白樺の木が緑の羽をのびのびと伸ばしていました。


白馬の「まつ」。すごい食欲でした。蓄大の学生さんが手塩にかけて育てていますので、全く人を怖がらず「餌をくれ」と近寄ってきます。足元の草を引っこ抜いてあげると、食べるわ、食べるわ…。「まつ」は睫毛も金髪でした。見ているだけで、癒されました。

常識

「やらなければならない」という義務感があると、どうもやる気が起きない。苦しい。

それなのに、自分から進んで「やりたい」と思ってやると楽しい。人も喜ぶ。だから人は、ボランティアに精を出す。

これはどうしたものなのでしょうか。

「真面目に生きなければならない」「仕事をしなければならない」ーこれも苦しい。

逆転の発想をしてみると、
「別に真面目に生きなくてもいい」「仕事をしなくてもいい。遊んでいい」

しかし、すかさず、内なる声が聞こえてきます。
「不真面目に生きていたら、親兄弟や子供に迷惑が掛かる。先生にも叱られる」
「遊んでばかりいては、食べてはいけない」
これは常識です。

だから、人間は悩むのです。

それなら、こうしたらどうでしょうか。
「やらなければならないという義務感を心の中から消し去る」
「やらなければならないこと、そのもの自体がないのだと自分を説得する」
「やらなければならないことは、そもそも、義務感という感情が錯覚させているだけで、その錯覚さえ、取り外せば、苦痛がなくなる」
「やりたいと思ったことだけやる。つまり、やりたいにしろ、やりたくないにしろ、何であれ、これこそが自分のやりたいことだと自ら言い聞かせ、たぶらかせる」

うーん。字余り…ではなくて、「言葉足らず」ですか?

反論をお待ちしております。