良いお年を!格安スマホのことなど

When I was fab.

今日は、大晦日。2015年も今日で終わりです。1年間、というべきでしょうが、小生、諸般の事情で、まるまる半年間を潰してしまいましたので、皆様におかれましては、数カ月間のご愛読有難う御座いました。

くどいようですが、300万件のアクセスを目指していたブログ「渓流斎日乗」は、本人の手違いで雲散霧消してしまいました。新しい、サイトに引っ越したのですが、まだ、このサイトに辿りつけない旧愛読者の皆さんもいらしゃるかもしれません。ま、そのうち、気がついて、再び、アクセスしてくださることでしょう。

何と言っても、こちらが気軽(?)に書いていることでも、真剣に読んでくださり、専門知識を駆使して、渓流斎ブログ以上に立派なコメントを寄せて下さる皆様には特に感謝申し上げます。どなた様か分かりませんが、コメントは、しっかり、読んでおりますよ。

さて、今年、何が一番怒りに駆られたのは何かと、申しますと、WiFiの解約とスマホの料金の高さでした。これは、以前にも何回か書きましたので、ウンザリしている方は、この先はお読みにならないで結構です(笑)。

深い事情や背景については、このブログでは書けませんが、この4月に、初めてモバイルのWiFiの契約をソフトバンク系の「Y!モバイル」としたのですが、丸々、3カ月間は、全く使っていないのに、毎月4319円取られる。そして、精確な判断力もないまま、解約したところ、解約手数料とルーター代を含めて、4万6075円も請求されたのです。

「Y!モバイル」データ通信契約は解約したので、そのまま、同じルーターを使って、SIMカードだけ換えて使おうとしたら、「そういう契約はできません。また、最初からルーターの購入契約もしてください」と、ピシャリと拒否。仕方ないので、友人のアドバイスで、新しいWiFiルーターをアマゾンで検索したところ、SIM付きのNECのルーターが、わずか1万9872円で買えたのすよ!しかも、4万6075円も取られた「Y!モバイル」のルーターよりも性能がいい。
データ通信は、OCNと契約して、5GBでも月間わずか、1566円です。(しかも、毎月コースを変更できます。最低税抜き900円ですよ。)「Y!モバイル」だと、月4GBで4319円ですからね。これで、随分阿漕な商売をするソフトバンクの正体が分かり、孫正義社長も大嫌いになりましたね(苦笑)。

「宣伝に踊らされて、ソフトバンクと契約したお前が悪い」と言われれば、それまでですから、これに懲りて「知的武装」することにして、色んな雑誌を買って、勉強することにしました。

来春、やっと「2年縛り」が切れるので、スマホを買い替えるつもりですが、「実質0円」と「一括0円」の意味が全く違うことも初めて知りました。

SIMフリーの格安スマホと契約すると、キャリー会社の半額の月額で3000~5000円で済みそうですが、何処も通話代が1分間40円と異様に高い。通話が嵩めば、月1万円を超えてしまうかもしれない。しかも、格安スマホは保証の面で不安なところがあります。

私は、今のスマホの機種は、ソニーのエクスペリアを使っていて、まだ2年も経ちませんが、最近、電池の消耗が激しく、すぐなくなってしまいます。専門誌をみてみると、バッテリーの節約方法が載っていて役立ちました。

あと、充電は100%満タンにしてはいけないそうですよ。80%程度でいいそうです。夜寝る前に充電して朝まで充電し続けたりするのは、「充電し過ぎ」で長持ちしないそうです。また、電池はゼロまで使い切らず、せめて20%か、「充電警告」が出てからにした方がいいそうです。

ソフトバンクの悪口を書きましたが、ドコモも酷いですね。あるドコモショップで、「音声専用にガラケー、データ通信にスマホの2台契約すれば、毎月2000円は、安くなります」というので、2台契約しましたが、料金は殆ど変わらない。7月なんかは、1万円を軽く超えてしまいました。しかも、2台だとやはり不便。この話を、他のドコモショップでしたところ、「2台にしても、あまり(料金)は、変わりませんよ。誰がそんなこと言ったんですか?」と、言うじゃありませんか!

あ、この話、前に一度書きましたね。余程、頭にきたんでしょうね(笑)。

ま、不平不満を言わせてもらいましたので、少しすっきりしました。

皆さんも良いお年をお迎えください。

“良いお年を!格安スマホのことなど” への1件の返信

  1. Unknown
    格安スマフォで痛い目に遭った、と愚痴を零しておられますが、「安いもの」、「安くて、使い勝手が良いものは無いか」と、虫の良いことばかり考えている結末じゃありませんか。「格安」、「安さ」を比べることに神経を尖らし、熱中していませんか。それは大人(たいじん)のする事ではありません。小人(しょうにん)がする事です。「安くて、良心的で、良いもの」なんか、この世にありません。回転寿司の類を「安くて、旨い、旨い!」と食べるのはご自由ですが、もし、食中毒がおきても、損害賠償、入院代は期待できません。下手をすると弁償前に相手側が倒産、夜逃げです。裁判どころではありません。昔の人は「信用ある人」、「信用のある店」と取引をしたのです。”安売り王”のような乱暴で、雑な商売人には、近づかなかったのです。それだけ「智慧」があったのです。渓流斎様は、お若いのかもしれませんが、若者には、既成概念はありませんが、「智慧」もありません。もし、ソフトバンクでも、ドコモでも、孫社長、加藤社長と、直かにかけあって、取引、購入したら、相手も面子、信用問題ですから、そんないい加減な契約や製品を売りつけないでしょう。いや、社長でなくても、両社の信用出来る人間と相対取引すれば、もし、問題が起きても適切な対応、責任はとるはずです。もっとも、それには、渓流斎様が期待する「安くない」、正規価格になるでしょうが、そこには「信用」が伴い、事後処理、事後補償もあるはずです。「私は、そんな信用できる人を知らないですよ。教えて下さいよ!」と反発されるかもしれませんが、それこそ、ご自分で、ネットワークを張り巡らして「安物買いの銭失い」を避ける努力をされるべきです。「安いものにはウラがある」のです。ケチケチせず「王道」を歩いて下さい。チマチマした行動は、大きな落とし穴に落ちて、前後不覚、再起不能になりかねませんよ(ガハハ)。

ご意見、ご感想をお聞かせください!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください