東京の暮らしは世界最高なのか?

ミラノの御馳走カツレツ

先日は、日銀総裁のことを実名を出して批判したのですが、本人から何ら抗議がなかったですね。

せめて、「3000万円も貰っていない!事実無根だ!俺には庶民の気持ちがよく分かる」と言ってほしかったのですが…。

誰もあなたのブログなんか、読んでませんよ。自意識過剰なんじゃないすか?

日銀の黒田総裁は、インフレを煽って景気回復を狙う戦略でしたが、日本はそれ程、デフレで、物価が安いのでしょうか?

私は、2014年にパリ、今年9月にイタリアに旅行に行きましたが、ちょっとカフェやバルでランチを食べても30ユーロとか40ユーロしました。3200円とか4200円とかです。ディナーになると、飲み物付きで5000円とか1万円とか普通にとられます。

よくぞ、フランス人やイタリア人は生活していけるものだ、と思ったところ、ほとんど彼らは外食しないんですね。家で食べるんです。そう言えば、外食するのは観光客や、地元の人なら何かのハレの日ぐらいで、パリジェンヌなんか、昼はスーパーで安いサンドイッチを買ってきて公園で食べていましたよ。あ、もしかしたら、手作りだったかもしれません。

家で食べると安あがりです。なぜなら食材が箆棒に安いからです。イタリアでは、ジャガイモなんか、一皿山盛りでわずか1ユーロ、100円なんですからね。

衣服もそうです。日本ではユニクロが、3980円とか驚くほど安く買えるので庶民は日本の物価は安いと勘違いしていますが、向こうでは、ユニクロよりしっかりした衣服が20ユーロ(2000円)ぐらいで平気で買えます。高級ブランド品と言っても、日本の半額以下です。(関税のせい?)

日本人は騙されていたんですね!

大貧民に没落した渓流斎より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください