年賀状に関する幾何学級数的哲学考察=グルメ情報も

 長春 Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

 まだ2日ですから、新年のご挨拶で、明けましておめでとうございます。でいいと思います(笑)。

 今年もたくさんの年賀状を頂きまして有難う御座いました。

 世に出て、もう何十年もの古株になってきますと、年賀状で1年に1度だけのご挨拶となる場合が多くなってしまいますから、お相手の顔姿は、10年前、20年前のまんまです。

 ですから、街ですれ違ってもお互いに分からないかもしれません。(笑)

 でも、年賀状は「安否確認」みたいなもので、「まだ頑張ってるんだなあ」と、お互いに励みになります。

 ですから、年賀状はもらうと大変、大変うれしいです。

 その年賀状を頂くためには、やはり、こちらも書かなければならなず、年を取ってくるとそれが段々大変になってきます。

 とはいえ、年賀状は、頂く嬉しさの方が何百倍大きいので、これからも続けていくことでしょう。
 長春 Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

 毎年欠かさず年賀状を送って下さる方の中には、どういうわけか、大ベテランの女優さんがいらっしゃいます。

 それが、正直、いつ、何処で、どういうきっかけで、お会いしたのかもう霧の彼方で(笑)、すっかり忘れてしまっているのです。

 昔は、個人情報保護法なんかなかったですし、簡単に住所が分かったのでしょうけど、ほとんどその場限りで、年賀状も1、2回やり取りすれば、それまでなのに、どういうわけかこの大女優さんは、毎年送ってくださるのです。

 もしかして、大女優さんの方は、私は誰なのか忘れながらも誠実に送って下さっているのかもしれませんが…(笑)。

 長春 Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

 今年の年賀状のベストワンは、まだ早いですが(笑)、横浜にお住まいのKさんでした。

 2016年にご自分の身辺に起きたことを列挙される方式で、このような様式美は、京洛先生や麹町商事のHさんによく見られますが、畏友Kさんの場合、何と、長い文章だというのに手書きなんですよ。

 彼は、大変失礼ながら、ほんの少しお年を召されておられながら、昨年は、「青春18キップ」で全国一人旅を楽しんでおられたようでした。松山城と道後温泉、それに、「おわら風の盆」にも出かけられたようです。

 Kさんは、大変なグルメの方で、私に東京・銀座の王子製紙本社横にある美味しい名物焼き鳥屋「武ちゃん」(いつも混んでます)を紹介してくれたのも彼でした。

 年賀状では、美味しかったパン屋さんを列挙しておりました。横浜にお住まいがあるので、パン屋さんの場所は、横須賀でした。小生の自宅からは遠いので、小旅行になってしまいますが、京急線汐入駅「パンプキン」のカレーパンと県立大駅「中井パン」のポテチサンドはかなり美味しいようです。リンクを貼っておきました。見るからに、地元に愛されているパン屋さんですね。

 彼が言うぐらいですから、味も確かでしょう。

 都内では立ち飲み屋さんを開拓しているらしく、ベストワンに山手線駒込駅「きんらん」を挙げておりました。

ここも、なかなか良さそうです。

 渓流斎ブログ、久しぶりのグルメ情報ですねえ。私も機会があればのぞいてみたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください