のれん会

伊太利亜ヴェニス

昨晩は、東京・内幸町にある高級料亭の隣りの大会議室で、「カレーを食べる会」が開催されまして、昔の古い仲間が参集しました。

大分宇佐から八幡先生がお出ましになり、先生の鶴の一声で集まったのが、怒髪三千丈の老若男女30人は超えていたと思います。

凄い集客力です。

中には、随分ご無沙汰している人もおり、3年ぶりか、5年ぶりに会ったというのに、もう数十年に渡って懇親してきた仲ですから、そんなブランクなど感じさせず、すぐ打ち解けるのが昔の由みのいい所です。

石川啄木ではありませんが、昔は顎で使っていた友が皆んな偉くなってしまい、今ではすっかり立場が逆転しまいました(笑)。

内館牧子「終わった人」です。

とはいえ、かなりの極秘情報を仕入れてきましたぜ、旦那。

世の中にはまだまだ知らないことが多く、新聞やテレビや、ましてや、ネットなんぞには出てこない、それはそれは、えっ?と驚くほどの超機密情報というものがあり、そういった情報は全て「口コミ」によって、インナーサークル内だけで伝わるものだということが、今回も分かりましたよ。

まあ、街の商店街の「のれん会」みたいなもんです。経団連だの、新経済政策委員会だの、商工会議所だのと大上段に構えていようと、所詮、内実は、内々の「のれん会」なのです。

さて、極秘情報とは、どんなものでしたかって?いやはや、やはり、残念ながら、ネットには出てこないんですよ(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください