日本の移民受け入れは世界5位なの?

東京・銀座にて

少子高齢化により、日本の人口が減り続け、このままでは労働力不足のため、外国からの移民を受け入れるべきだとの主張が、進歩的文化人と呼ばれる人々から盛んに発信されてます。

例えば、「日本の人口に占める国際移民率は1.708%で、世界ランキングの順位は148位(2010年、国連統計)。日本は酷く遅れている。もっともっと日本は移民を受け入れなくてはならない」といった調子です。

でも、進歩的文化人はただ言ってるだけで、彼らは、移民の人にはコンビニのレジや重労働の介護職や皿洗いや工事現場や、いわゆる3Kといった日本の若者がやりたがらない低賃金の単純作業をやらせたいだけなのです。

宗教上の差異などで今、欧州で死者が出るほど問題になっていることには目を瞑り、日本の将来を想像できないのです。(おお、ルペンさんも吃驚!我ながら、凄い保守反動、超国家主義的考え方!)

それにしても、最近は外国人をよく見かけます。観光客ではなく、小さな子供も抱えていることから定住していると思われます。電車の中でも所構わず、何語か分かりませんが、大声で携帯で叫んでいます。

京都にお住まいの京洛先生は、安い市民の足である市バスが混雑して乗れなくなった、と不平不満をぶちまけています。

世界148位というデータはどうもおかしいのではないか?

そこで、よくよく調べてみると、世界銀行の2015年の調査では、日本に住む移民は約204万人で世界28位だったのです。

また、経済協力開発機構(OECD)は統計上、「国内に1年以上滞在する外国人」を移民と定義しており、2014年、日本は年間34万人の移民を受け入れていることから、世界第5位になるのです。(ドイツ=134万人、米国=102万人、英国=50万人、韓国=41万人に次ぐ)

34万人の中には、留学生や職業訓練生らも含まれているので、その多寡については一概に言えないかもしれません。しかし、彼らの中には「留学生」を隠れ蓑に仕事をしている外国人も多くいると言われています。

それではどうしたらいいのか?

“日本の移民受け入れは世界5位なの?” への1件の返信

  1. 「在日」という難民も
     久しぶりに右翼スタンド上段に突き刺さる美しいホームランでした(笑)。

     人工知能、IoTなど第4次産業革命で、たとえ少子化でも、というかむしろ少子化にマッチする形で、生産性は向上される。そういう社会がすぐ近くにまできているようです。移民より、こちらの方に社会構造を転換すべく大きな財政出動をすべきか、と。

     ドイツなど当初移民を歓迎していたのも、人道主義という美名の下、安い労働者として使う胸算用を働かせていたからと言われています。

     日本でも必要性を訴えているのは、お花畑の進歩的文化人といわれる無責任な口説の徒と、目先の利益だけを見て労働力を欲しがっている大小の経営者たちでしょう。

     日本は戦後すでに60万人ほどの「在日」といわれる難民を抱えています。

     また難民で問題なのは、日本人と外見では区別できないシナ人(註、蔑称ではありません。フランス語に堪能な先生ならチーヌでも結構です。)や朝鮮人です。日本とは異質な文化文明の中で、さらには骨の髄まで反日教育を、しかも真実とはほど遠い歴史教育を受けて育っているからです。

    (註)日本人に「中国」という呼称を強いるのは、同じ漢字文化圏に属す日本人を華夷秩序から下に見る「中華」意識です。シナは英米人に「center state」などと強要してますか。
     聖徳太子の昔から、日本はシナとは別の独立した文明を築いてきました。「日の没するところの天子」にあれこれ言われる筋合いはありません。
     ただ「支那」はあまりいい意味ではないので、漢字表記は避けます。そうでないと「奴国」「卑弥呼」という無礼千万な命名と同断になってしまいますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。