加計ありきの獣医学部新設

ハバロフスク Copyright par Duc de MatsuokaSousumu

産経新聞を読んでいますと、いつも「朝日新聞がどうした」「朝日新聞がこうした」という文言ばかり登場して、まるで朝日新聞がなければ産経の存在価値がないみたいです。

下衆な言い方をすれば、朝日新聞をネタにして飯を喰っている感じです。

動物の名前のような有名なスター記者も恥ずかしくないんでしょか?「モノを言う」新聞なら、他紙の見解などあまり引用せず、我が道を歩んだらどうでしょうか。

産経の読者なら、朝日なんか読みたくないでしょ。
ハバロフスク Copyright par Duc de MatsuokaSousumu

いわゆる右翼系と呼ばれる雑誌も同じです。「朝日新聞に鉄槌を下す」といった論調に終始してます。

これじゃ、まるで世の中は朝日新聞を中心に回っているみたいじゃないですか。朝日は、世間の人が思っているほど反体制派新聞でも何でもないですし、内閣府や財務省官僚のイタコになって庶民を欺く論説委員さんも沢山いるのですからね。

週刊文春もかつては同じような調子でした。朝日を飯のタネにしてました。しかし、ここ数年は様変わりして、何処の新聞社もできないようなスクープを連発しています。

もう朝日新聞はライバルでも何でもないつまらない弱小媒体に成り下がっていますから、気にすることはなくなったのでしょう。

ハバロフスク Copyright par Duc de MatsuokaSousumu

本日発売の週刊文春のスクープ記事「加計学園 安倍氏選挙応援で公選法違反の疑い」は、もしこれが事実だとしたら、とんでもない話です。

【以下引用】
週刊文春が入手した、2009年7月28日付の組合の「要求書」には次のように記述されている。

〈岡山理科大学、倉敷芸術科学大学および千葉科学大学に所属する事務職員が2009年8月末投票予定の衆院議員選挙において、実質強制的に特定政党の選挙運動に動員されていると聞き及んでいる。職場の上下関係において上位にある者が行えば、強要の意図がなくとも下位の者は非常に断りにくい状況に追い込まれることは火を見るより明らかであり、これは思想信条の自由に対する重大な侵害である〉

これではまるで便宜供与ですね。

安倍首相は国会で「李下に冠を正さず」と身の潔白を主張しておりましたが、これでは選挙応援の見返りに獣医学部新設を「岩盤を崩して」認めたようなもんです。

今日3日は、安倍首相は内閣改造を断行して目先を変えて逃げようとしているようにも見えます。

とはいえ、もう「終わった人」の動向には誰も興味を持たないかもしれませんね。

One Reply to “加計ありきの獣医学部新設”

  1. Unknown
     「朝日が無いと、産経の存在が無いみたい」という指摘は全くその通りです。「総務部と総会屋」みたいな関係ですかね( ´艸`)。
     「総会屋」も色々あります。与党総会屋、野党総会屋という風に成り立っています。「総会屋は野党だ!」と思うのは間違いです。しかし、総会屋も、時代の流れで、もう、絶滅寸前になってきています。ただ、衣替えして、生き残るでしょう( ´艸`)。
     産経に限らず、朝日新聞を「左翼」、「反体制」とみなして、批判しているマスコミは、そうしないと食べていけないのが悲しいですね。朝日が創刊以来、「反体制」、反権力」を貫いたことは一度もありません。あっちにふらふら、こっちにふらふら、最後は体制側について美味しい思いをするマスコミです。安倍改造内閣に、外務大臣に就任する「河野太郎」みたいな、蝙蝠みたいな存在です。
     世の中、蝙蝠ばかり多すぎます。それをはっきり「あれは、蝙蝠だ!」と批判するメディアが無いのが悔やまれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください