「731部隊の真実」エリート医学者の繋がり

ラオコーン

お盆が過ぎますと、急にテレビの世界から戦争ものの番組が消えてしまいます。

我が同胞は、喉元過ぎれば、熱さ忘れるのです。

そこで、13日夜に放送されたNHKスペシャル「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~」を本日取り上げることにします。

私は、この731部隊については、森村誠一著「悪魔の飽食」で初めて知りました。出版された当時(1982年頃)は、あまりにもの残忍さに、「でっち上げのフィクション」という批判もあったりしましたが、この番組では実際に衛生兵として、マルタと呼ばれた中国人捕虜を処理したという元部隊の生々しい証言が明らかにされ、歴史的事実として向きあわざるを得ない、と納得させられます。

関東軍731石井細菌部隊については、米国側に全ての実験資料を手渡して尋問に応じる条件で、司法取引と呼ばれる手口で「無罪放免」となり、極東国際軍事裁判では取り上げられませんでした。

お陰で、真相が闇の中に葬られてしまったわけです。しかし、番組では、ハバロフスクでロシア人から尋問された軍医らの証言がテープとして残されていたことを発見し、それを公開しておりました。

人体実験で犠牲になった捕虜は3000人。チブスなどの細菌を注射されて病状を記録され、治癒すると別の実験に使われる。つまり、死ぬまで人体実験されるという証言には、本当に戦慄を覚えました。

タイトルに「エリート医学者」とあるように、731部隊に参加した軍医は、博士号を持った超エリートの医学者でした。部隊長の石井四郎が京大医学部出身として有名ですが、他に京大からは、細菌学の権威田部井和(たべい・かなう=戦後、京大教授)、凍傷の権威吉村寿人(同)ら11人が名を連ねました。

彼らの背後には戸田正三京大医学部長(戦後、金沢医大学長)がおり、軍部から大学運営予算が欲しいばかりに、強行に教え子を送り込んだといいます。

731部隊には東大医学部からも6人の学者が加わりましたが、それは、長与又郎東大総長と石井四郎と接点があり、番組では、長与が石井から要請されたのではないかと推測していました。

私は、この東大総長の長与又郎の名前を聞いて本当に吃驚仰天してしまいました。彼は、肥前大村藩漢方医から明治医学界の重鎮となった長与専斎の8人きょうだいの三男なのですから。

作家夏目漱石を解剖した医者としても有名です。

長与専斎は、華麗なる一族です。長男長与称吉(医者)の妻は後藤象二郎の娘で、次女は犬養毅の三男犬養健と結婚。孫は犬養康彦・元共同通信社長と先日亡くなった評論家の犬養道子。

四男岩永裕吉は、同盟通信社初代社長。

五男長与善郎は白樺派の有名作家。

石井細菌部隊が設立されたのは昭和11年だといいます。この年は、2.26事件が起きた年ですが、同盟通信社ができた年でもあります。聯合通信社が電報通信社を吸収合併する形で国策通信社として設立されました。

石井部隊に東大医学部出身者6人を送り込んだ長与又郎東大総長の実弟岩永裕吉は、今の目黒雅叙園に駅前一等地を売却して、その資金を元に聯合通信社をつくりました。

長与一族は、目黒白金辺りの広大な土地を所有していたと言われます。

石井部隊の話が、長与一族の話になってしまいました。

One Reply to “「731部隊の真実」エリート医学者の繋がり”

  1. Unknown
    「悪魔の飽食」は新聞赤旗に連載されたものをまとめたものですが、のちに著者の森村自身がフィクションであることを認め、結果この本は絶版になっていることはご存知ですか?
    また、ハバロフスクでの証言に関して、拷問して吐かせた供述ということで、そのやり方や供述内容について国際的にも問題視されていることも同時に指摘させていただきます。
    こういった番組に関心をもたれるのはいいことだと思いますが、あまりテレビを信用しすぎると都合よく踊らされますので、より幅広く多面的に情報を集めてご判断されるのがよろしいかと存じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください