忘れたことを忘れてしまった話

 昨日9月8日付日経夕刊の一面コラム「あすへの話題」で、精神科医のきたやまおさむさんが、大変興味深いお話を書かれていました。「忘れ物の大問題」と題して、自分は小さい頃から如何に忘れ物が多いか、その失敗談を赤裸々に告白しているです。

 きたやまおさむさんは、フォークルセダースの一員などとして一世風靡しましたが、れっきとした医学博士です。さぞかし、芸術的センスに加え、大変、頭脳明晰な方だとお見受けしていたのですが、そんな「欠点」があったとは…。若い時から、財布、カギ、メガネ、切符…と次々となくし、親や家人の方から呆られながらも、財布にはヒモを付けるなどして少しずつ対処していったことを告白しています。

 切符は、新幹線の切符をなくすことが多く、車掌さんから「見つからなかったら、全額払ってもらいますよ」と脅されながらも、9割方は、在来線から新幹線に乗り換える改札機から取り忘れていたそうです。案外、そそっかしい人だったんですね。

銀座・スペインバル「バルデエスパーニャ ビルゴ」イベリコ豚のグリル・ランチ1000円

 こういう失敗談は大好きですが(笑)、私も他人様のことは言えません。電車の中に傘や携帯を忘れたことがありますが、一番痛恨だったことは、もう30年近く昔の話です。痛恨と言っておきながら、ほとんど忘れてしまいましたが、場所は、オランダ・アムステルダムのスキポール国際空港だったことだけは覚えています。確か、旅行ではなく、仕事だったと思いますが、それすら覚えていません。駄目ですねえ(笑)。

 とにかく、ここはトランジットで、何時間か、だだっ広い空港内で待たされていたのです。そしたら、切符がない! 胸ポケットに入れていて、走ったりして、何処かで落としたのかもしれません。カバンの中、背広のあらゆるポケットを隈なく探しても飛行機チケットは出てきません。喉がカラカラになり、脂汗が流れてきました。

 それでどうなったのか?ーこうして日本にいて、本人は、呑気にブログを書いているのですから、無事帰国できたことは確かですね。どうやって?

銀座「ローマイヤー」ポークソテーランチ1100円

 航空会社のカウンターに行って、パスポートを見せて、チケットを再発行してもらったのかもしれません。そんなこと出来たのでしょうか?牧歌的時代だったのかもしれません。それとも、チケットが何処からか出てきたのか?ーそれさえ忘れているということはかなり重症です。忘れ物さえ忘れたことを忘れる。

 もうこうなっては、「老人力」が付いたと明るく前向きに解釈しますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください