視床中心正中核

自分の思い通りに物事が進まない時、パニックに陥らないようにブロックするメカニズムが脳の中にあるそうです。

京都府立医科大大学の木村実教授グループ(神経生理学)が「発見」しました。

それは、脳の中心部にある「視床中心正中核」と呼ばれるもので、サルを実験に、脳に電極を刺して脳神経の動きを調べたところ、「期待した通りの報酬を与えられなかった」ケースで、この「視床中心正中核」が一番敏感に反応したそうです。

さしずめ、私なんか、幾星霜の「期待はずれ」を経験したせいか、この「視床中心正中核」が肥大化しちまったのでしょうね。

否、もっといい方に解釈しましょう。この「視床中心正中核」のおかげで我々はこの世に踏みとどまっていられるのです。

「視床中心正中核」さん有難う!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください