ソニー・ロリンズのインタビュー

 公開日時: 2005年9月8日 

台風14号は、全国に甚大な被害を及ぼしました。
被害に遭われた方々には謹んで哀悼の意を表したいと思います。

北海道にも上陸しましたが、運良く、昨年同時期の台風18号ほどではありませんでした。

昨晩は、窓を打ち壊すほど、あんなに雨が降っていたのに、今日は、台風一過の十勝晴れで、本当に空気が澄み切って、遠くの日高山脈が映えて、素晴らしい景色でした。

空に浮かぶ雲も、初秋を象徴するような積雲というか、乱雲というか、一瞬たりとも、その形を留まることを知らない七色変化のアトラクションを垣間見せてくれました。

あー、そう言えば、子供の頃、時間が有り余っていたせいか、空に浮かぶ雲を飽かずによくも眺めていたものです。ととても懐かしい気持ちに襲われました。

不思議なことに、今日の夕刊で、サックス奏者のソニー・ロリンズのインタビューが載っていました(朝日新聞)

今年、75歳になる伝説的なジャズ・ミュージッシャンは、日本贔屓で知られていますが、高齢を理由に、この秋の日本公演で最期になるだろう、と語っています。

彼は「ジャズの神髄は、いつも新しく、いつも変わっていることだ。空を見上げれば雲がある。どれも形はない。常に変わっているけど、いつもそこにある」と語っているのです!

偶然の一致とは思われません。

印象派音楽の巨匠といわれるドビュッシーも、雲や西風などをテーマに、「移ろいいくもの」「常に変わりゆくもの」に心を奪われ、作曲活動を続けていたのは有名です。

ジャンルこそ違ってもミュージッシャンには共通する何かがあるのでしょうね。

“ソニー・ロリンズのインタビュー” への5件の返信

  1. LignpontoのCD鑑賞記「WITHOUT A SONG」

    みなさん、こんんちは。
    昨夜は、なぜか眠れず、今朝数時間の仮眠を取って仕事に行きました。
    今、ちょっとヘロ~ヘロ~です。
    今回のCD鑑賞記は、ソニー・ロリンズさんの最新アルバム「WITHOUT A SONG」です。
    このアルバムは、2001年の9・11テロがアメリカであった直

  2. 自分を知る
    渓流斎さま
     
     いつも、心洗われるお写真 ありがとう。
     私ごとですが、最近精神的に不安定で、まるで自分では ないように感じます。
     あるときは とても崇高な意識と繋がったかと思うと、どん底の吐き気がするような意識にも なったりします。
     なんだか おかしいのです。
     おかげで、側にいてくれる人に当たりちらし、とんでもない迷惑をかけてしまいました。
      単なる幼児性なのか。インナーチャイルドなのか? などと考えましたが、
     今日 友達が 知り合いの透視能力のある人に私の事をたまたま 聞いてくれ、なんとなく状況が把握できました。
      友達も体がおかしくなっていて、
     まったく似た感じだったのです。
     やはり、最近読んでいる本にも書いているように 全てはエネルギーであり 一体化現象として 極端に現れるようです。 特に今は 個人的にそういう変わり目の時期で 体が変化しているみたいです。そのセラピストの人も、気が変になりそうだった時期を乗り越え 今活躍しています。
     でも、これは まるでクモの巣のように 全ては一つの「宇宙」として動いている体験でもあり、ずっと知りたかった真実への一歩のような気がします。
     
     でも、おかしくなるのは 同じエネルギー(感情など)を持っているということであり、 その怒りやエゴを自ら消化し感じきらなければならないと実感しています。
     と同時に「身をゆだねる」そんな気持ちになり
      落ちついてきたようです。
     それにしても、側にいる人にはすごい迷惑をかけてしまいました。「理解できない、
    逃げたくなった」といわれ同感するしかありません。「言うことは素晴らしいのに。。。」ともいわれました。涙涙。。。
     いてくれることが とてもありがたくもあり、 申し訳ない気持ちで一杯であります。
     なんのご縁でなのかわかりませんが、
      感謝するしかないようです。
     また、個人的にも感情の起伏が激しいタイプですので、いくもわるくもバランスが課題です。 エネルギーが強いようですが、
     それを負に使わず、何か表現するとか、
     愛の方に使わなければ生きていけない気がします。 破滅です。
     祈るような気持ちでいるのです。
     そして、いろんなことが 個人的なように、分離して見えますが、実はつながり影響しあって存在していると思います。きっと 確かです。
     
     以前 渓流斎さまは、「人は見たいものだけを見たいように見ている」といっていましたが、 ちょっとそのことで思い出しておかしかったことがあります。
      私が心から尊敬して愛する男性が今いるのですが、彼に逢った時を思い出しました。
     
     その時の私は 「なんて疲れ果てたおじさんだろう。。。」という程度でみていて、全く、
    彼の本来の輝きや魅力が目に入らなかったのです。
     それなのに、今ならどうでしょう。。。
      見つめつづけていたいと感じるほど、
     そのままの存在の美をかんじます。
     愛は美であると同時にいのち、存在そのもの!そうまるで歌いたくなる心境なのです。
     ただ 在るだけですばらしい。。。
     
      心 意識が変わると見える世界が変わるのですね。。。。真実、真実、
      
      永いこと読んで頂きありがとうございました。
                  草々
        
      
     

  3. シンクロ
    偶然では ないと私は思うのです。
      天からのメッセージ。SV1のカウンセリングの視点からいうとシンクロのキーワードになります。今必要な心の部屋の鍵となります。
      雲、変化、 移ろい消えていくもの
     私も雲 見てましたよ。  雲は自由で 捉われてなくて あっという間になくなった。捉われて苦しい私には 心 洗われるようでした。自由になりたいと思いました。
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください