スピリチュアル 

高野山大学が「スピリチュアル学科」なるものを創設する話を聞きました。
スピリチュアルとは「霊性」とか「霊的」という意味です。果たして学問になるものかどうか…。
ネットで調べてみると、来年4月から「スピリチュアルケア学科」と「密教学科」を創設すると書いてありました。ご興味のある方は、高野山大学のホームページを参照してください。

今日、拝聴したM先生の講演で、M先生は「スピリチュアルというのは、私は魂に近いと思う。人は死んだら、肉体は滅びるが、魂は宇宙に帰っていく。ロボット工学の糸川英夫先生の真空理論によると、真空とは宇宙全体のプラスマイナスゼロの状態で、肉体を持った生きた魂はプラスだが、死んだら、マイナスの魂に帰っていき、プラスマイナスゼロになる」といったようなことを急に話したので、驚いてしまいました。

「人の2、3歳の頃の記憶とは、前世に覚えていることだ」とM氏は続けました。

スピリチュアルを研究している人、もしくは興味を持っている人はどうして皆、こうも同じような発言をするのか不思議です。これだけ、同じ説が行き渡っているとしたら、せめて、学問として、理論として確立していたらなあ、と思いました。

そういう意味で、高野山大学にとても興味を持ちました。この歳では無理かなあ?

“スピリチュアル ” への1件の返信

  1. yes!!
    時代ですね~面白そうですね~
     スピリチュアルとは 一体なんなのでしょうか?
     言葉によくしていますが 本当の意味を
     どれだけわかっているだろうかと
      自問します。
     ある知り合いのスピリチュアルカウンセラーは 精神性といっていました。
     宇宙はゼロ あるもないもない世界であり
     釈迦のいう中道は ゼロポイントで生きるということだそうです。人間でありながら
     宇宙意識 神意識で生きることのようです
     いいも悪いもない 真ん中ですが、
     実に口でいうのは簡単で 頭では理解できても 行動は難しいものが あります。
     M先生も 斎藤一人さんも同じようなこと
    いっていますね。実際もっともっと不思議を体験しているような気がします。
     多くの方が 公の場で話始める時代が
      来たようで 嬉しい限りです。
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください