物はいらない

音更町鈴蘭公園

 

事情があって、目下、身辺整理をしております。すると、もうあまり使わなくなった不用の物が出てくるわ、出てくるわ…。

 

「これはお金になる」と喜び勇んで、リサイクルショップに持ち込んだのが、ゴルフクラブとシューズ。もう20年前の代物だが、当時、16万円はしたはずだし、「しめしめ3千円也かな」と皮算用。あとは、一万円で買った絨毯と、あとはノーブランドのバッグと傘3本。すべて合わせて7千円!と踏んでみました。

 

「これで美味しい中華料理のフルコースでも食べよう」とワクワクしながら、待つこと30分。そう、この店にはひっきりなしにお客さんが物を売りに来るので、売る人が長蛇の列を作っていました。

 

あと、今回初めて知ったのですが、PSEマークという経済産業省が管理しているマークがあって、このマークがないと、来月4月1日から中古の家電製品などを売ったり買ったりできなくなるそうです。PSEは、Product Safety, Electrical Appliance and Materials の略。もう3年前から施行されているようですが、私は地元の十勝毎日新聞に載っていた記事で初めて知りました。知らなかったのは私だけではなく、あるリサイクルショップのオーナーでさえ、「そんな法律は知らなかった。ウチにあるものはすべてガラクタになってしまう」という嘆かわしいコメントが載っていました。

 

さて、先程の話の続きです。取らぬ狸の皮算用とは、よく言ったもので、結局、何1つも引き取ってもらえませんでした。

 

結局、後生大事に持っていたものは、ゴミだったと分かったのです。大笑いです。

 

今のご時世ですから、後日こちらかお金を払って、引き取ってもらうしかありません!

 

今日の経験で得た教訓ー。

 

1、物は買った瞬間、金銭的価値はゼロになる。(物の価値は精神的なものだったのです)

 

2、過去にしばられてはいけない。すぐ手放さなければならない。

 

3、物はいらない。

 

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください