「私は私 ガユーナ・セアロの至道録」

池田町

 

「私は私 ガユーナ・セアロ至道録」を読んでいます。 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/503-8476322-6834359

問答形式になっているので大変読みやすいです。

それにしても人間というものは、何と悩み多き生物なのでしょうかね。

私も悩みのない人間に会ったことはないのですが、人間一人では何も解決できません。

心を打ち明ける人間が、一人でもいれば、その人は本当に幸せだと思います。

それでも、解決できなければ、この本を開けば、何かしらの光明が開けるのではないかと思います。

宗教とか宗派とか気になる人は別に読まなくてもいいと思います。必要のない人は必要がないのですから。

この本で私が気に入ったところをちょっと、引用します。(リライトしてます)

(問)健康で穏やかな人生をまっとうするにはどうしたらいいのですか?

(答)まず、自分自身のことで、絶対に怒ったり、悲しんだりしてはいけません。皆、自分自身のことで苦しんだり、怨んだりしているが、それは、どこかで「自分を評価してほしい」とか「自分のことを人にはこう思ってほしい」とか「人に善く思われたい」という思いが強いからなのだ。それを捨ててごらん。心が穏やかになるよ。評価というものは、自分自身が自分に対してしなさい。人に求めるものではなく、「自分はこれでいい」というのなら、人からの評価なんていらないはずだ。そうしてごらん。常に心が穏やかになるよ。

セアロ様へ。無断拝借なので怒られかもしれませんが、一度お会いしたことがあり、写真も撮らさせていただいたということで、お許しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください