37年ぶりの再試合

北海道足寄町・松山千春邸

高校野球の決勝、駒大苫小牧(南北海道)ー早稲田実業(西東京)が、37年ぶりに再試合になります。

私は東京生まれなのですが、断然、北海道の苫小牧を応援します。判官贔屓って奴でさあ。あんな厳しい寒さの中で、練習するハンデを抱えて、甲子園に出るだけでも大変なのに、73年ぶりの3連覇を目指すなんて大したもんです。すべてに恵まれた東京のお坊ちゃんを撃破してください。

ところで、年がバレてしまうのですが、37年前の1969年の松山商(愛媛)ー三沢(青森)の決勝戦をよく覚えています。松山商の井上と三沢の太田が延長18回まで投げぬき、翌日の再試合。太田はハーフでルックスがよく、アイドル扱いで、井上はずんぐりむっくりで眼鏡をかけて田舎モン丸出し。

高校野球がこれほどまでに、人気スポーツになったのも、太田の出現がきっかけでしょう。ですから、当時のマスコミはひどかった。太田をヒーロー、井上を悪者扱い。三沢の攻撃が不調に終わると、アナウンサーは「またしても、井上が…」と、絶叫していました。

それから、17年後。甲子園球場で、朝日新聞運動部記者になった井上明さんと、仕事仲間として会うことになりました。

初対面で「あの、『またしても』の井上さんですね」と言ったら、本人は苦笑いでした。

井上さんは苦労人のせいか、よく冗談を言う人でした。しかし、高校野球だけは「聖域」のようで、「たかがジャリ野球」と低く見ようものなら、烈火の如く怒ったものでした。

井上さんもまた37年ぶりにマスコミから注目されているようです。

まさに、職人。またお会いしたいなあと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください