青年劇場「博士の愛した数式」

青年劇場の宮部明さんのお導きで、舞台「博士の愛した数式」を見てきました。

演劇鑑賞は5,6年ぶりです。本当に久しぶりに舞台芸術を堪能することができました。宮部さん有難う御座いました。

場所は、地下鉄丸の内線「新宿御苑」からわずか3分の青年劇場スタジオ結です。150人くらい入れる小劇場で劇団の地下の稽古場も兼ねている所です。俳優の息遣いを本当に目と鼻の先で感じられる素晴らしい芝居小屋でした。

原作は、芥川賞作家の小川洋子で、2年前にベストセラーになり、映画化されました。今回の舞台化に当たって、原作にはない人物も登場しましたが、福山啓子の脚本・演出は概ね成功。2時間の上演が少しも長さを感じさせず、舞台に釘付けになってしまいました。

俳優は、テレビに出てこない、演技のしっかりした玄人なので、有名ではありませんが、皆、はまり役で素晴らしく熱演していましたね。特に、ルート少年を演じた蒔田祐子には、最後まで騙されてしまいました。てっきり、少年かと思ったら、少年になりきったうら若き20代の女優さんでした。

それに、あの長い台詞を覚えるのに大変だったろうなあ、と思いました。「友愛数」「絶対数」「完全数」など、数学がまるで哲学のように魅力ある思考回路に七変化するので、ぜひ原作も読みたくなってしまいました。

とにかく、時間の余裕のある人は見てほしいなあ、と思いました。公演は明日までですけどね。(電話は03-3352-7200)

それにしても、新宿御苑の新宿1丁目辺りは、下町風で、落ち着いて本当にいい所ですね。JR新宿駅周辺の雑踏から遠く離れた「大人の隠れ場」です。青年劇場の裏手の太宗寺は、ソフトバンクの王監督のお父さんの葬儀も行われた歴史のある由緒あるお寺だそうです。

「居酒屋白河」は2000円もあれば、酔っ払ってしまう安い居酒屋で、「江原豆腐店」はにがりの調合がピカイチで東京で一番おいしい、というのが宮部さんの談でした。

あ、秘密を教えてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください