ギャグ大募集!

ヴェニスで見た「銅像」。本人たちは至って真面目…

 

我ながら、今までこのブログに書いてきた事は、随分、真面目すぎたんじゃないかなあ、と思っています。英国紳士に見られるような「ユーモア精神」は、どうも日本人は苦手なのかもしれません。

 

とはいっても、日本でも昔から、それに近いものはあったのです。地口、駄洒落、都々逸、回文(「竹薮焼けた」など)…。私も短詩系では、短歌や俳句よりも川柳の方が好きです。あの結社というのもいかがなものですかね。宗匠さんが鎮座して、お弟子さんが畏まっている…。笑ってしまいます。

 

そこで、皆さんにこのブログを自由な投稿の場として、ギャグを募集したいと思います。地口、都々逸、駄洒落等、体裁は何でも結構です。親父ギャグ、熟女ギャク、少年ギャグ、少女ギャグ、隠居ギャグ…何でも結構です。コメントに書いてくださいね。

 

ヒントとして、いくつか例を挙げます。まず、古典のギャグから…

 

「郵便ポストが赤いのも、電信柱が高いのも、みんな私が悪いのよー」

 

英語で言えば、Oh !  Mnma mia ! とか Holly cow ! (何てこったあ!)に近い、ナンセンスな言葉です…

 

「とんでもハップン、 歩いて5分」

 

こういうのは、耳で聞くものなので、文章にして説明しては白けてしまいますので、解説しません。

 

「ありがとう、なら、芋虫二十歳(はたち)」

 

うーむ、ちょっと難しかったかな?

 

これが最後、ちょっと高級(?)です。

 

「なすがまま、なら、キュウリはパパ」

 

コメントお願いしますね。皆さんの「ユーモア度」が試されていますよ。

 

ちなみに、いまだコメントの仕方が分からない方にお教えします。右下にある 「コメント(0)」の数字の部分をクリックすると、左上に小さな別の画面が出てきてきます。ここに、名前、タイトルとコメントを書いて、最後に「投稿」をクリックすると、完成です。どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

“ギャグ大募集!” への1件の返信

  1. yarase
    「ギョーテとは、俺のことか、とゲーテいい」

    「金もいらない。女もいらぬ。わたしゃ、も少し、背が欲しい!」

    「なんか用か?九日(ここのか)、十日(とおか)」

    こんなもんしか、思い浮かびましぇん~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください