左が本心?

ローマにて

いやあ、ブログとはいえ、毎日書き続けるということは、なかなか、大変なものがあります。

素直に「大変です」とは書かずに、「大変なものがあります」と書きましたが、この「もの」とは何なんでしょうか?

考えると夜も眠れません。

今日は、気軽なことを書きます。

人間の顔の右と左は左右対照になっていないことは、ご存知だと思います。

某女優さんも、「私は右側しか写しちゃだめよ」という人もいるそうです。

ある説によりますと、「右」は作った顔、「左」は本来の顔だそうです。

利き腕にもよりますが、世間的に普通と言われている右利きの人の場合、「右」は後天的、「左」は先天的なので、手相で運勢を占うときは、先天的な「左」の方を見るのです。

顔も同じ。

そういえば、人を説得したり、何か物を買ってもらうための営業したり、取材したりする場合、大抵、相手に対して右側を向けていませんか?

決して左側の顔を向けて、交渉していないはずです(特に、サウスポーの人でない場合)

このブログを読んだ人は、早速、鏡で自分の顔をのぞいてみてください。左右対称ではないはずです。

驚きますよー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください