Roma

子貢(しこう)問いて曰く、一言(いちげん)にして以って終身(しゅうしん)之(これ)を行う可(べ)き者有りや、と。

子曰く、其れ恕か。

己の欲せざる所は、人に施すこと勿れ、と。

(十五の24)

弟子の子貢が尋ねました。「生涯で行なうべきことを、一言で言い表すことができるでしょうか」

先生は答えました。「それは、『恕』だね。自分がしてほしくないことは、他人にもしないことだよ」

『恕』とは…

三省堂「新漢和辞典」によると

一、思いやりの心。情け。哀れみ。他人の気持ちを推し量って同情すること。

二、許すこと。気の毒に思って同情すること。大目に見ること。

なかなか、できないことです。

人はどうしても「アイツだけは、許せない」と思ってしまいます。だから、法律や裁判があるのです。

生涯をかけて心に誓う言葉が「恕」とは…

なかなか含蓄があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください