立ち飲み屋の赤羽「いこい」は

ローマ

公開日時: 2007年3月21日 @ 19:25

総務省が発表した2006年の「労働調査」によると、年収が200万円未満のワーキングプアと呼ばれる人たちは、自営業が443万人、正社員が447万人、パート、アルバイト、派遣、契約などの非正規社員が1284万人で合わせて、2174万人に達するそうです。

労働総人口が6384万人なので、実に日本人の3分の1がワーキングプアなのです。これに、年上限200万円の失業保険が受給されている失業者294万人、年200万円が支給される生活保護世帯が106万世帯あることから、日本全国で、2500万人を超す人がワーキングプアということになります。

ちなみに、米国では、「4人家族で、年収1万9307弗以下」の人が3700万人おり、彼らは人口の12・7%を占めるといいます。

日本では、およそ、四人に一人が貧乏人ということになるのでしょうか。

これが、現代社会の実態です。

テレビや新聞雑誌であれこれしゃべっている人間は、当然のことながら、彼らの「痛み」は分かっていません。無視するか、無知のまま、発言しています。

赤羽にある評判の立ち飲み屋「いこい」に行ってきました。朝7時から夜10時までやっている店です。

朝7時から飲みにくるような人はどんな連中なのでしょうか?というより、朝7時から飲まざるをえない人たちの心をあなたは理解してあげることができるでしょうか?

ビール380円、お酒1合が180円、煮込み110円、鰺刺身150円、おでん150円…といった激安さです。

お客さんは平均年齢50歳。髪の毛はボサボサの白髪交じり、顔は日に焼け、深い皺がナイフでえぐったように縦横に走り、服装は、ペラペラの作業服のようなジャンパーにジーパンでお世辞にも立派とは言えません。手を厚く、赤く腫れぼったく、肉体労働に長年従事したような体つきです。

恐らく、みんな独身。どいつもこいつも似通って、髭面で、歯が抜けた人も多い。どこか、憎めない酔っ払い連中で、大宮の競輪場で身ぐるみを剥がされて、オケラ街道をトボトボ歩く連中と瓜二つでした。

それは他人事だと思っていたら、鏡に写った自分の姿でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください