バンザ~イ

ピエタ

全く全く私自身の個人的な話です。ご興味のない方は、飛ばしてくださいね。

昨日、運命鑑定士のFさんに、見てもらいました。Fさんは会社の先輩で、鑑定士になるために会社を辞めて独立した人です。子供の頃から占い関係の書籍を読破し、その方面では筋金入りの人です。

鑑定は、生まれた「年」と「月」と「日」と「時間」の4つの柱で見立てる「四柱推命」です。Fさんは、この他に、「姓名判断」と「手相」でも鑑定します。私はそのすべてで見立ててもらいました。

結論から先に書くと、「来年は人生最高の年になる」という鑑定です。諸事万端順調とのこと。天にも昇る気持ち。バンザ~イです。

私の生まれた年月日には、ということは、生まれつき、「凶星」がないというのです。「吉星」だけがあり、それは「文昌貴人」(文章を書く才能)と「暗禄」(困ったときに人の助けを得られる)と「駅馬」(旅行や引越しが多い)と「金与禄」(お金が貯まる)と「華蓋」(かがい=宗教や芸術の才能あり)なんだそうです。

ただし、姓名判断によると、名前がよくない。苗字はそのままでいいが、名前は8画と8画(または4画と4画)にして、全部で31画にすれば「成功間違いなし」とお墨付きを与えられました。

そこで、ペンネームを考えました。Fさんから戴いた8画の漢字の中から選び、また、敬愛する作家のYさんから1字頂戴することにして、

朋之介

ということにしました。

誰ですか?笑っているのは?本人は極めて真面目です。

私の生まれ星は、正官と偏官の両方がある「官殺混雑」と呼ばれるもので、前者は、官僚やお役人タイプ。後者は権謀術策を巡らす策略家の実業家タイプだそうで、サラリーマンをやっても、起業独立しても大丈夫だというのです。

手相を見てもらいますと、頭脳線が2本あり、1本は知性の塊を表し、もう1本はロマンチストなのだそうです。要するに、理想と現実の両方の頭脳を持つということです。文学で言えば、小説でもノンフィクションでもいい、と解釈できます。

とにかく、これから何かをやると、それがきっかけになってどんどんいい方向に向かって、名声を博すというのです。

こんな嬉しい見立てはありません。私は正直ですから、全部信じてしまいます。

“バンザ~イ” への1件の返信

  1. 運命鑑定

    スピリチュアルヒーリングの導入によく使われるのが、タロットや四柱推命、九星気学などの占いによる運命鑑定です。まず、占いの直感的要素や、統計学的要素などで、その人の抱えている問題と方向性、陥りやすい傾向などを下調べした上で、スピリチュアルなヒーリングに入…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください