非人道的な米軍 

自分の故郷の現況を英語でブログに書いて発信したところ、米軍に逮捕されたというイラクの青年がラジオに出演していました。

音声で聞いただけなので、どういう人なのか、名前すらメモすることもできず、気になっていたのですが、それが、イラクの首都バグダット西方のラマディに住むカシーム・トゥルキさんだということが、今朝の東京新聞で分かりました。

3年前にイラクで人質として拘束された高遠菜穂子さんの通訳ガイドの現地スタッフとしても活躍中で、このほど、来日して、全国で講演会を開いているようです。

トゥルキさんは、現在のラマディの様子について、米軍によって、「テロ撲滅」の名目の下で、街がこの3年間で何度も攻撃され、建物は破壊され、医療機関は閉鎖され、電気は止まり、食糧や水が不足した。友人の何人も戦闘で亡くなったーという事実を淡々と書いただけで、米軍によって「反米分子」として摘発され、軍に拘束されたというのです。

不衛生な収容所に閉じ込められ、粗末な食事しか与えられず、2週間の拘束中、毎日2回、衆人監視の中で「健康管理」の理由で、全裸にさせられたというのです。

非人道的というのは、このことではないでしょうか?

早速、トゥルキさんのブログを読みたくて、検索してみたのですが、正確な英語の綴りが分からないので、発見できませんでした。どなたか、ご存知の方、教えてください。

諦めかけたところ、そうだ、日本語ではどうだろうか?ということで、日本語で検索したら、結構出ていました。新聞では、今朝の東京新聞以外では、あまり、出ていなかったのですが、ネットでは、かなり、ヒットしました。

彼のブログは、本(「イラクからの手紙ー失われた僕の町ラマディー」)としても出版されていて、高遠さんは、共訳者として名前を連ねていました。A5版 84ページ 500円(送料込680円)。ネットでも注文できるようです。

ネットでは、トゥルキさんの講演を聞きにいったという人が、米軍による全くひどい話を書いていました。建前主義のマスコミでは、ここまで惨状は伝えていません。

トゥルキさんは「米兵に話しかけたら、棒で殴られ両手両足を後ろ手に縛り上げられ頭に袋をかけられ、6月の灼熱の太陽の下、直射日光で熱くなってコンクリートの上にうつぶせに転がされました。両手両足を後ろ手に縛り上げられているので胸に全体重がかかり息もできないほど苦しい状態が続きました。そのまま4時間放置されました」と語ったというのです。

これが、「世界警察」を自認する正義の味方が成す所業なのでしょうかね?

“非人道的な米軍 ” への2件の返信

  1. Danke
    irikenさん、有難う。

    Turkiさん本人のブログは、まだ見つかりませんですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください