植木等を知らない

ローマ

最近は、会社で付けっぱなしのテレビを横目で眺める程度で、ほとんどテレビは見なくなりました。

そのせいか、最近のタレントの顔と名前が一致しない、というか、正直、全く付いていけなくなってしまいました。加齢力がついたといえるでしょう。まあ、あまり興味がなくなったせいなのかもしれません。

それ以上に、最近の芸能界の新陳代謝の激しさ、もっとはっきり言えば、生存競争の熾烈さには凄まじいいものがありますね。売れたと思ったら、すぐ消えてしまいます。

つぶやきシローなんていましたが、今はどこに行ったのでしょうか?「イルカに乗った少年」を歌った城みちるは、どこに消えたか、というコントで売り出したザ・ボンチももう知る人は少ないでしょう。

何と言っても、先日亡くなった植木等を知らないという人がいたので驚きました。1960年代をピークに活躍したので、生まれる前の出来事である今の若者にとっては、無理もない話でしょうが。

時の速さの目まぐるしさに呆然としていたら、ラジオからガロの「ロマンス」が流れてきました。1970年代にヒットした曲です。ガロといえば、「学生街の喫茶店」の一発屋だと思っていたのですが、こんな隠れヒット曲があったことも忘れていました。とても、いい曲で、大変懐かしく、幸せな気分になりました。確か、この3人フォーク・トリオの一人は飛び降り自殺したのではなかったのかということも思い出しました。

とうとう、私も、懐メロ派になったんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください